池田大作の生死〜創価内部のタブー〜左翼工作員

聖教新聞からです。いまから11年前の比較的,新しい時期の池田大作夫妻の写真が掲載されてました。因みに,現役信者の方によると,創価信者のあいだでは90歳をこした池田大作の生死について口にする事も完全タブーだそうです。口にした途端,まわりの信者から白い目で見られる様な状況だそうです。こうやって完全タブーを作り,口にする事も許さない“恐怖政治”を作るのでしょう。
つぎはニュースからです。左翼の創価信者が公明党を抗議してるそうです。この動きは北海道だそうですが,全国に波及するのではないかと伝えられました。
つぎもニュースからです。“辺野古 埋立反対”のプラカをもっての抗議ですが,埋立承認は公明党議員の国交相が認可しました。創価内部に入り込んでた左翼の工作員スパイが動きだしたのかも知れません。
いずれにしても創価内部は与党公明党の安保政策にしても,創価本体の教義/信仰の解釈をめぐってもガタガタの状態だと現役信者の方は伝えてます。

フィリピンSGI

毎度聖教新聞からです。創価学会はめったやたらと“青年”を強調してますが,若手信者は増えてません。減ってます。
フェスティバル等,全体で集まるから青少年信者が多く見えるだけです。各支部単位,地区単位では減ってます。
マニラでフィリピンSGIの集りがあったみたいです。
日本だと“創価版ジャパユキサン”とか“創価版フィリピン人ダンサー”とか,創価のために呼ばれた興行もあるんでしょう。在日フィリピン人にも創価信者がいるので看護師介護士とかフィリピン人労働者の受容れも気をつけなきゃなりません。
キリスト,一部ムスリムと言うイメージのあるフィリピンですが、フィリピンSGIにも気をつけましょう。

公明独自な増税対策ならカルト創価課税

一般紙からです。公明党が増税対策で独自色って笑えます。課税するなら真先にカルト創価学会。それでほかの増税を抑えれます。沖縄知事選とか,どうせ選挙では支持母体カルト創価には裏切られまくりです。いっそ公明党から対カルト創価課税でも主張して見て“圧”をかけてはどうですか?

創価と南米

聖教新聞からです。創価が南米に接触してます。そのコネクションたるやハンパじゃないですね。アルゼンチン大統領まで出てくる訳ですから。
続いてアルゼンチン副大統領との会談。古くから南米に進出したカルト創価ですが,南米諸国の大統領まで会談に出てくるくらい。政権の外交そのもん。アルゼンチンにも日系社会が有りますが,創価が日系南米人労働者受けいれに躍起となってる原因が判りますよね。

創価と中国

聖教新聞からです。池田大作の名前で弔電を送るのは良いんですが,本人が不在のまま,一番弔電が必要な人が送ってると言うのがなんだか笑えますね。
名誉教授とか博士とか,なにを貰ったって本人が出て来れないじゃないですか!
中国首相周恩来と池田大作の会談。昭和49年12月。古くから中国と創価は蜜月関係でしたけど、中国は左翼政党もそうですが,古くからチャイナロビーを作ってたんですね。それが今にも日中国交となって残ってます。
創価公明がいなければ,とうに日中断絶は出来てたかも知れません。

東京/小平の朝鮮総連と創価

池田大作の顔写真が出てましたが,これだっていつの写真か判りません。でもまあ,あんまり古い写真を載せてるよりマシにはなったでしょう。
東京の小平での創価フェスティバルの様子です。小平には朝鮮大学校もあって,以前に外国人(在日朝鮮人への生活保護支給が問題になってましたが,如何に創価のチカラも浸透してるかが明らかですね。在日にたいする生活保護支給の背後にも創価公明党がいるとみて間違いありません。

日中外交の橋渡しと創価入信のパターン

聖教新聞からです。安倍総理が中国を訪問してましたが,創価と公明党の橋渡しでしょう。聖教新聞を見れば良く判ります。池田大作の倅の池田博正も中国との付合いは積極的です。中国との関係を切れないのはこいつ等,創価公明党のせいです。
次ぎは聖教新聞に載ってたマンガです。創価信者の家庭で入信してない父親が家で孤立するパターンは良くあります。
その為に孤立した父親が入信したと言うパターンは身近にもあります。その家の父親は入信して昇進試験も受けたそうです。
そうして家庭内でも家族を孤立させて入信させるのも創価の手口です。マンガに良く描かれてます。

沖縄/那覇市長選挙で始った公明/創価の分裂!

沖縄の那覇市長選挙で自公が推してた候補がまたも負けました

豊見城市と沖縄県知事についで3連敗

3連敗をうけて自民沖縄県連会長が辞意を表明してます

国場幸之助氏、自民沖縄県連会長辞任へ 選挙3連敗で引責

10/21(日) 21:40配信 沖縄タイムス

 21日の那覇市長選で推薦した翁長政俊氏の敗北を受け、自民党県連会長の国場幸之助衆院議員は会長を辞任する考えを明らかにした。那覇市内で記者団に語った。

 国場氏は「(選挙結果の)責任は私にある。県連会長を辞して責任をとりたい」と述べた。知事選、豊見城市長選に続く3連敗の責任をとる形で辞任する。近く県連役員会や議員総会を開き正式決定する見込み。

沖縄県連だけの責任じゃありません!

今回の那覇市長選挙でもかなりの創価学会票が左翼候補に流れました

前回の県知事選挙では4割の創価学会票がデニー陣営に流れましたが,実際はそれ以上だったでしょう

那覇市長選挙では8割くらい流れたのかもしれません!

公明党と連立を組んで創価学会票に頼ってきた自民党全体の責任です!

公明党と創価学会の政教一致を看過してきた自民党全体の責任なんです。

それにしてもこうも見事な政教分離(創価学会/公明党の分裂)が沖縄から始ると思いませんでした!


中国問題の背後に創価の影

敵(創価を知るには聖教新聞から!! インド ニューデリーでSGIシンポジウムが開かれてました。ヒンズー教ながら人口大国のインドでも創価SGIによる浸透工作が進んでいます。それにしても池田大作の写真っていつの写真なんでしょうね。
創価婦人部が中国大使館を表敬訪問。普通の団体じゃ入れてくれません。門前払いでしょう。創価と中国のパイプなんでしょうね。
その創価は日中友好協会の副会長を招いた講演会をしてます。中国問題の背後に創価の影ですよ。中国との安全保障問題にしたって在日中国人の増加も創価が絡んでます。

創価の新施設と池田伝記

創価本部のある信濃町に新しい創価会館が出来たそうです。信濃町のカルト化に必死です。
イタリアで創価講演が開かれました。イタリアでもカルト指定が必要です。
池田大作の昔の写真ばかり出してる手口に飽きたんでしょうか? 聖教新聞では池田大作をモデルにした伝記が始りました。
池田大作が60年代に各国を歴訪したときをモデルにした伝記のようです。
まるで戦後の闇市を仕切ってたギャング団のボスみたいな風貌です。当初からこれが池田学会の正体だったんですよ。
池田もバリバリに若いですが,このときから創価教団にとっても日本にとっても悪夢が始りました。
マフィア宗教・池田学会の始まりでした。


Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archives

New Entries

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM