節操なき公明/創価スパイラル

都議会公明党が小池/都民ファーストの会と関係を解消すると言ってます。



小池新党がブームになった頃,公明党とくっ付いたトミファでしたが,小池/希望の党が出きるや公明党に見限り。

処が先の衆院選で希望の党ははるか過半数には届かない50議席。新党としては上出来でしたけど,あれほど騒がれた小池新党としては尻すぼみです。

保守カラーを出したかと思えば一転して公明党と修復しようとリベラルカラー。国政に進出化と思えばまたぞろ都政。

小池知事こそ公明党/創価学会も真青な日和見体質,コウモリ体質を露呈してます。

これでは流石に権力欲の公明/創価といえども,小池/トミファとの関係を修復しようという気にはなれませんわな。

しかし,公明/創価も難題多し。

都議会公明党は都議会自民党との関係を修復したい考えの様ですけど,都議会与党に残りたいが為に小池トミファとくっ付いたんですから,都議会自民としてもそうそう呑める話しじゃありません。

都議会自民は絶対に都議会公明党と仲直りしてくっ付いちゃいけません。

今度は都議会自民が節操がないと叩かれますよ。

どこの党も節操なき公明/創価スパイラルに陥ってます。

改憲妨害勢力/公明(創価


衆院選挙も終って,自民党が改憲するとしてます。

それに公明党が釘を差してます。

衆院選で議席を減らした公明党が一人前に。

政党が党是である事を実行するのは当然じゃないでしょうか?

有権者にマニフェストにした事なら猶更です。

公明党は支持団体創価学会が反発するのを恐れたんでしょう。

創価だと婦人部が改憲に猛反発。

分裂すると言われてますが,分裂すりゃいいんです。

公明/創価がガタガタになれば自民党は改憲で野党と連携するでしょうね。

それで良いんです。

公明山口代表の言葉を朝日新聞が伝えました。

公明は第2共産党その物です。




公明(創価の行く末?!

当会代表のブログより御知らせします。

安倍自民党の勝利で安堵感
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53255049.html

選挙後の各党の情勢と分析
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53255305.html


あらためて振り返りますけど,このあいだの衆院選で共産党とならび,公明党(創価学会が敗北したのは傑作でした。

これだけでも衆院選をやった意義はあったでしょう。

共産党は公示前の21議席からおおきくダウンして12議席。シバキ隊と親しかった池内さおりが落選したのも笑えます。

公明党も公示前34議席から5議席減らして29議席にダウン。

とくに小選挙区(神奈川6区での落選は最高傑作でした。




いままで選挙戦では“地上戦最強”と言われてた共産党と公明党が大敗北です。

共産党も公明党も共に低所得者層をおもな支持層としてますが,どちらも共産,公明には入れたくないって人が増えてると言うことですよ。

もうひとつ。共産党も公明党も組織が弱体化してます。いまどき共産主義にかぶれる若い人っていませんし,カルト宗教に嵌まるようなひまのある若い人なんていません。

当会代表のブログにもかかれてますが,共産党は組織弱体を知ってるから選挙区によって立憲民主に立候補をゆずっただけです。

公明党も単独では勝てません。自分とこの候補者も通すのがやっとです。

自民党連立政権から御払箱になる日もそう遠くはないでしょう。

カルト宗教時代の終り!

衆院選が終りました。

自公が勝ちましたが,辛勝です。

次ぎに支持者からの意見を紹介します。

“今回の総選挙で一番注目していたのは
公明党が比例選挙区でどれだけ減らすかでした。

比例選挙区では議席と得票を大幅に減らし
さらに小選挙区でも減らしました

平成28年の参議院比例区の得票数 757万票
平成26年の衆議院比例区の得票数 731万票

から

700万票を大幅に下回る600万票台になる
大敗北 大惨敗になります。

都議会選挙で、自民党と公明党の双方の
感情のしこりの溝はあまりにも深すぎて
友好関係の修復は極めて困難で不可能です

これで自民党は公明党に気兼ねすることはなく
相互選挙協力は事実上終焉しました
さらに公明党の発言力も無くなりました”


公明党/創価はもう“集票マシーン”としての機能を果せなくなってきてます。

公明候補者とても創価単体の票だけでは当選が厳しい状況になってきました。

支持母体である創価学会で往年の信者が亡くなり,新規入信者の獲得と組織維持が難しくなったんでしょう。

逆に云うと,公明/創価も自民党との選挙協力なしに選挙には勝てません。

今後は自公が一層,相互依存を強める事が予想されます。

創価学会も新規信者の獲得に必死になるでしょうから,警戒は必要です。

つくづく宗教の時代は終りつつありますね。

政界からも政教一致の原則に反したカルト政党を叩きだすときです。

カルトの没落!

自公圧勝のマスコミ報道とは裏腹に公明党(創価の苦戦が伝えられてます。



公明党が苦戦してる理由はただ一つ。

創価学会の信者入信が極端に減って,選挙でも信者の苦労が増えてるからでしょう。

古い古参の信者も次次に死んでます。

公明/創価が没落するとき,名実ともに宗教の時代が終ります。

カルト団体に課税し,政治からの分離をしましょう!

公明(創価の加憲案だ!

いよいよ衆院選が始りました。

自民党は改憲を掲げてます。

しかし,自民党安倍政権が言ってる改憲とは,自衛隊を国軍にすることじゃなく,自衛隊を憲法に明記するものです。

これは公明党(創価が自民の改憲案に対して,対案として持ちだしてきた加憲案です。

公明(創価は自衛隊を軍隊にしたくないんでしょう。

改憲議論は結構なんですけど,自衛隊を国軍にするわけじゃなく,自衛隊を合憲化するだけじゃいけません。

この加憲案ひとつ取っても自民党が第二の公明党になっちゃったということなんです。

ここまで公明に引きずられた自民党じゃいけません。

だから自公連立は最低最悪なんです。



公明党のマニフェストこそ糾弾!

希望の党のマニフェストに各党から批判が集中してます。

共産党は希望の党が改憲とか安保関連法を容認した事で,自民党の補完勢力だと言ってますが,改憲を阻んで安保関連法の成立を邪魔した自分たちは“売国勢力”だってのに何を言ってるんでしょうか?




公明党は過去に外国人参政権の法案を国会提出してますよね?

希望の党では“参政権に反対する”としてます。

外国人参政権の実現に党をあげて全力を尽くしてきた公明党こそ糾弾しなけりゃなりません!

山口那津男は韓国大使にも参政権賛成を貫くなんて表明してました。

自分達の事を棚にあげて他党のマニフェストを云々出来た立場じゃないでしょうに!

カルト課税の議論を!

いよいよ衆院選挙4日前。

菅官房長官は希望の党の公約ユリノミクスについて文句を垂れました。

“財源もないのに,どうやって大胆な改革が出来るのか”と・・・・。



財源ならあります。

日本にゴマンと山の様に存在するカルト宗教団体全てに課税すれば良いんです。

さすれば消費税増税を凍結処か,消費税を減税出来るかもしれません。

政権から公明党がいなくなれば,それが出来るかもしれません。

チャンスはすぐそこまで来てます!

菅官房長官も内心では大嫌いな創価を大々的に批判出来た方が良いでしょう?

選挙の情勢次第で今回の衆院選では,何処かの党から宗教法人課税の問題が出て来るやもしれません?

公明創価を叩き落せ!

公明党(代表,山口那津男が憲法九条に自衛隊を明記するとした自民党の公約に難色を示してます。

山口が言う様に,自衛隊を違憲だと考えてる国民は少数派でしょうけど,それは憲法よりも,日夜災害救助とか国土防衛で戦ってる自衛隊を思っての事なんですよ。

つまり,,国民はね,自衛隊をどうこうするよりも,変えるのは憲法の方だろ,と思ってるという事です。

その憲法改正を妨害してるのが与党公明党(創価学会です。




社共とか,詰らん野党が何言おうと物の数じゃありません。

自民党もだらしないが,自民党をだらしなくしてる連立与党の公明党を叩き落さなきゃならんのです。

以下,弊会代表代行のツイッターより御知らせします。




今度の衆院選で公明党を政権から叩き落すだけじゃ駄目です。

永遠に与党には返咲けない様にして,政治から手を引かせて行く様にしましょう!

いよいよ衆院選!

まもなく衆院選が始ります。

自公連立政権と,小池希望の党に合流した一部民進党および維新の党,それから枝野民主党と社共等等・・

与党と希望勢力,リベラル極左で三つ巴の戦いとなりました。

小池さんは都議会で公明党(創価と組んだり,山口那津男公明代表を首相に担ごうとしたり,カルトチックでとんでもないとも思いましたけど,なかなかの策略家なのかも?

この辺,女性ならではの狡猾さがあるのかもですね。

いままで自民党が公明党と組んできたのも,ろくな野党が存在しなかったせいでしょう。

どこも公明党のように創価を支持母体とした一枚岩じゃありませんでした。

政権交代まで視野に入れてる希望の党ですけど,希望と自民党,前原民進党,維新までを加えた新しい連立ができるかも知れません。

公明党/創価を政権外へたたき出しましょう!

ひょっとして公明/創価にとって今回が政権与党として最後の選挙になるかも知れません?


続きを読む >>


Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archives

New Entries

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM