政教分離を求める会 〜TeamCultZero〜

韓国系カルト『統一教会』の反日を許さない!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 違憲のカルト創価学会と多宗教社会 | main | 公明党政権による無償化のインチキ >>

創価/集ストの源泉?

0

    毎度御馴染の聖教新聞です。  よく飲食店に置かれてますが,誰も読んだ形跡ありません。  いつもまっさらな状態。  手にとるのは聖教ウォッチャーの政教分離を求める会会員のみ(笑。
     

    創価最高幹部達の座談会。  “近隣友好”ってありますが,創価と友好にしなけりゃ怖い事が待ってるんでしょうね。  特に学校に通う子供をもつ親なら学校で子供が何かされないかと気が気でならんでしょう。
     

    座談会で,創価幹部が言ってる“執念とも言えるほどの真心での寄添い続けて奮闘”ってのが怖いですよね。  先輩達が頻繁に自宅まで来てたら嫌でも御題目を唱えるしかありませんもん。  創価信者の御見舞いとかなんとかって,形を変えた監督指導みたいなもんでしょう。  これがエスカレートすると地域/近隣での集ストに?
     

    “新時代1期生”とか創価学会も新規信者の獲得に必死。  各家庭に対しては子も孫も絶対に入信,信心させ続けろの大号令でしょう。 外部からの新規入信者の獲得が難しくなってる以上。
     

    本日の聖教新聞には二代目会長/戸田城聖の指針が載ってました。  この頃の創価はまだ言ってる事が真っ当で宗教的でした。  やたら“勝利”とか“勝つ”とか,好戦的になったのはむしろ三代目会長/池田大作からでしょう。
     

    - | permalink | - | - |