“人間,庶民の王者” 池田大作の消息?

  • 2019.03.03 Sunday
  • 14:10
聖教新聞3/3日付には“人間王者”と言う池田大作の言葉が載ってました。

チャイナの温家宝が来日したとき,面会した池田大作が自分を“庶民の王者”なんて言ってもの笑いの種になってました。  テレビのテロップでは“庶民の味方”になおってましたけど,池田大作は何につけても“王者”ってのが好きですね。

池田大作に拠ると,“いかなる高位の人より, 有名人や権勢よりも, はるかに偉大な人間王者になり, 幸福と平和の博士たれ”と言う事らしいです。  それで名誉博士号を集めまくる自分が偉いんですかね?

温家宝が日本に来て池田大作と会ったのが12-3年前。  その頃って池田大作もまだ表に出てテレビにも映れる状態だったんですね。  でも,それが最後ぐらいじゃないでしょうか?  そのハイライトを最後に,表には出てこられなくなり,今じゃ聖教新聞に出てるのは古い写真ばっかりです。

それにしたって,人間の王者とか庶民の王者とかって言うなら,創価学会は政治から手引けばどうなんですかね?

写真は公明新聞からですが,統一地方選の候補にも現職,新人合せて創価大の出身者がいかに多い事か。

北は北海道から九州までビッチリ創価大の出身者が候補に名を連ねてます。

しかしまあ,ここまでよく堂々と経歴に出せるものですよ。  正直でよいですけどね。

全員が庶民とか人間の王者だったら議員の肩書なんて不要のはずなのにね。

信仰の一方では権勢を求めるんですか。  言ってる事とやってる事が逆じゃないですか。

これってむしろ池田先生の教えに反しますよね大作先生?
 
  • 0
    • -
    • -
    • -

    profile

    search this site.