カルト公明党と都構想の行方

  • 2019.05.11 Saturday
  • 20:41


公明党が大阪都構想で住民投票の実施を容認すると転じました。  大阪都構想で住民投票実施を公約にした維新が市長・知事W選挙に大勝した事を受けてのものだそうです。  でも,公明党は大阪都構想そのものに賛成したわけじゃありません。  住民投票を容認した時点で都構想にも賛成かもしれませんが,カルトはどのような卑劣な事をしてくるかも判りませんので,維新はここで徹底的にカルト公明党を潰しておく必要があるでしょう。
とはいうものの,公明党も自民党も議席を失いたくないので,都構想で維新とタッグを組む事は充分に考えれます。  維新は都構想と言うセンチメンタルな考えだけじゃなく,公明党から政権を取るつもりでやって貰いたいものです。


だんだんと都構想が郵政民営化のときと似てきました。  国政と地方政治で違ってますけど,郵政民営化への抵抗勢力の位置づけが自公勢力。  それを選挙で屈服させた構図も似てます。  ただ,公明党は叩き潰せてません。  じつは都構想よりも重大な民意を無視して都構想に囚われて公明党とベッタリすれば,今度は民意から維新が屈服させられるでしょう。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM