創価本体の外交と参院選での政教一致

7月9日付け聖教新聞からです。  1面にチャイナ大使館駐日大使が創価総本部を訪問した様子が載ってます。  創価会長が出迎えたそうですが,もう創価学会が外交やってるんですよ。  公明党通すとかじゃなくて創価本体がダイレクトにチャイナと外交してます。  内容は「中日平和」だそうですけど,その実体は創価がチャイナの手先です。  そのための「ヨロシク」でしょ。
















ブラジルSGIが紹介されてました。  こいつ等が南米創価の急先鋒です。

「青年隊長」の男子部長。  日系人です。

こちらは精鋭/創価班の委員長。こちらも日系人。

理事長から女性幹部にいたるまで主要ポストは日系人で固めてます。  その内実は本当に日本人の血を引くのか判りませんが。

そして創価防衛の親衛隊/牙城会の委員長は睨みの利きそうな黒人系。  最精鋭にゴツイのを持ってきてますね。

これまた聖教新聞の参院選情報は公明候補ばっかり。

全員目がイッてそうで怖いです。

兎に角,公明公明公明のイチ押し。











目,目,目が怖い。  そりゃ選挙で候補者が死に物狂いって普通にある事ですけど,創価は選挙至上主義で,とても信仰団体じゃありません。

カルトが選挙運動って尋常じゃありません。

とても宗教団体の新聞じゃありません。

次ぎは公明新聞です。  傑作なのは聖教新聞と同じ写真を1面で使ってる事。

太田前代表が載ってるこちらも同じ写真。

同じところで発行して,同じ人達が編集してるからなんでしょうけど,こんな事をやってるから「政教一致」って言われるんですよ。

公明党がストーカー規制法に取組んできたってギャグでしょ?  SNSでのストーカー行為を規制法に盛り込んだって,盛り込むも何も,カルトの集ストまで,恋愛感情以外の集団的なストーカー犯罪も規制対象でなきゃいけません。  公明党がストーカー規制法の運用を邪魔してる,の間違いでしょ?
 



Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archives

New Entries

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM