北朝鮮チックなカルトの選挙闘争

  • 2019.07.18 Thursday
  • 12:45

聖教新聞より。  創価学校のイベントがいかにも北朝鮮チックです。
















 

 

 



やってる生徒達は精一杯なんでしょうけど,なにからなにまでが北朝鮮っぽい。

そのうち池田大作の顔を描いたマスゲームとかやりそうです。

こういうのをきっと全体主義って言うんでしょうね。











ブラジルSGIからですが,創価は兎に角“王者”が好き。  何の王者でしょうか?



















“執念で勝つ”って何に勝つんでしょう?

結局,選挙で勝って政権という王者の地位を維持するってだけでしょう?

大体,信仰だけやってる筈の教団信者が選挙運動で走り回ってるって,おかしいじゃないですか?  それをだれも疑問に思わないから信者もどうかしてます。

次は公明新聞。  1面トップで眼つきが怖いです。

投票までのカウントダウンやってます。  こうやって信者を投票依頼に駆りたてるんですよ。  だから政教一致って言われます。

“攻めろ”とか好戦的なスローガンですね。  攻めてる信者もやっている事がおかしいと思わないと。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    profile

    search this site.