カルト創価と沖縄県の戦後史

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 13:22

聖教新聞9月17日付けより,沖縄の創価研修所

 

池田大作が初めて沖縄に行ったのは昭和35年。  まだアメリカ統治の時代でした。  沖縄で本格的な布教をやるのに,アメリカ統治よりも本土復帰した方がやりやすかった事でしょう。  日米安保分断を目論んだ左派が主導した沖縄の本土復帰でしたが,この当時から創価は左派と結託。  本土復帰運動には創価も噛んでますね。

 

沖縄でこれ程の大集会。  沖縄にも相当な創価信者がいます。  これが自公政権の一方でずっと左派系を応援してたんですから,沖縄で左派系候補ばかりが勝つ訳です。  沖縄での左派と創価の共闘は今に始った事じゃありません。

 

20年程まえにはまだ池田大作も元気で沖縄へ飛んだり出来てたんですね。  左派系を中心に非武装/反戦平和の創価が布教を拡大させた事でしょう。

 

沖縄県が“幸福島”だそうです。  たしかに創価王国,左翼王国の沖縄ですけど,県民にとっては幸福ですかね?  雇用も産業も発展しなくて最貧県だってのに。  カルトが伸びる所は皆が不幸になります。  今じゃ沖縄県では同じカルトでも幸福の科学が伸びてるみたいですが。

 

沖縄での布教の基本は“革命思想”。  カルト創価の布教はかたちを変えた共産“左翼”革命でした。

 

聖教新聞に載ってた池田大作の言葉より。  平和も戦後復興も良いんですが,その結果が米軍の縮小で沖縄/尖閣が中国に脅かされる今だったんですか?  さすが創価革命ですね。

 

沖縄県には創価学会より,米軍の“核ミサイルの発射台”が有った方が,よほど沖縄県にとっては平和だったでしょうね。  発射台を守る厳重な基地で周辺の町も潤います。

 

:集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
 

政教分離を求める会 公式サイト

http://seikyou-bunri.net/
 

政教分離を求める会 メールアドレス
admission@seikyou-bunri.net

政教分離を求める会 代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

政教分離を求める会 副代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

連絡先 09044396570 有門大輔(アリカド・ダイスケ)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    profile

    search this site.