災害と創価学会施設

  • 2019.10.13 Sunday
  • 12:09

都内某所の御寺です。

 

池のある庭園に部外者でも普通に入れます。  これが普通の宗教施設です。  ところが創価学会はどうでしょうか?  まず部外者は教団施設内には入れません。  それが創価学会の異常体質でした。  しかし,そんな創価学会にも“例外”があります。

 

台風19号です。  今回の台風では創価学会は避難所として各地の会館を開放しました。  でも,内情は判りません。  創価信者の救済が優先ではないでしょうか。  北関東で創価施設の近くに住む方は“被災しても創価の世話にはなりたくですよね。  後々助けた事で入信して下さいなんて言われそうで”と言います。  たしかに普段は一般開放せずに,台風や地震のときだけ助けてやるぞ・・みたいに言われましてもね。

聖教新聞の記事を見ても,信者の被害状況の把握とか,激励に全力をあげてても,一般の信者以外に避難を呼びかけたり,避難所施設の案内なんてなにも出していませんよね?  これでは聖教新聞の購読者も信者以外の一般には広がり難いんじゃないですかね?

 

こんな念仏を大合唱してるカルト施設にはたとえ災害のときでも世話になりたくないってのが普通の感覚でしょう。それよりも課税ですよ。  家まで失った被災者救済の為にも財源を確保する為に。

 

 

:集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
 

政教分離を求める会 公式サイト

http://seikyou-bunri.net/
 

政教分離を求める会 メールアドレス
admission@seikyou-bunri.net

政教分離を求める会 代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

政教分離を求める会 副代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

連絡先 09044396570 有門大輔(アリカド・ダイスケ)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM