政教分離を求める会 〜TeamCultZero〜

韓国系カルト『統一教会』の反日を許さない!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 災害と創価学会施設 | main | 共産党のウソ,公明党のウソ >>

公明VS共産 同じ穴のムジナ

0

    ユーチューブの公明党チャンネルから御知らせです。  宣伝じゃありません。  (会員Kより)

     

    ”北朝鮮”と”日本共産党”の関係を斬る!!
    https://www.youtube.com/watch?v=s3orflPoBfw

     

    公明代表の山口那津男は街頭演説で“日本共産党と朝鮮労働党は兄弟政党だと言われた”として共産党と北朝鮮の蜜月関係を批判してました。  この両党は低所得の支持層が被りますね。

    共産党を非難して,お前は(公明)どうなんだ,という話しでしょう?  公明/創価学会こそ中国共産党とベッタリじゃないですか。

     

    北朝鮮が発射した20発のミサイルを問題にしてます。  北朝鮮にリアルな脅威はないとした共産党委員長の志位も問題ですが,では公明党は北朝鮮に対して何をしてるでしょうか?

     

    自衛隊の武器使用や憲法改正で足を引っ張ってませんか?

     

    共産党による北朝鮮への帰国事業の推進を問題にしてますが,創価学会員の拉致被害者を見殺しにした公明党が言っても説得力はないでしょう。

     

    共産党も問題ですが,かと言って公明党にも国民の生命は預けれません。

     

    こんなニュースを見せられれば。


    令和の自公は「調和」か「別居」か?連立20年迎えた両党に立ちはだかる「憲法改正」での溝
    10/10(木) 12:02配信FNN.jpプライムオンライン
    「ビューティフルハーモニー」の先にあるものは?どうする憲法改正
    連立20年を迎えた両党の間に横たわる最大の課題は「憲法改正」だ。

    戦争の放棄や戦力の不保持といった平和主義を定めた「9条」を含む憲法改正を目指す自民党に対し、公明党の態度は曖昧だ。

    公明党は憲法改正について国会で議論することには理解を示す一方、現行憲法の「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の三原則を変えず、新しい価値を加えていく「加憲」の立場を主張している。公明党の支持母体である創価学会は憲法9条改正に強く反対しており、山口代表もかねてから改憲には慎重な立場だ。

    自民党内では「今夏に行われた参院選で憲法改正について“議論すべきだ”との民意が得られた」との主張が展開されているのに対し、山口代表は「何の民意が得られたのかさっぱりわからない」とした上で「合意を作りながら議論を進めていくという努力が与党、特に自民党にも必要だ」と注文をつけた。

    公明党内には「9条改正をするのであれば、何のために安保関連法を作ったのかわからない」(幹部)などとの反対論が根強くあり、ある公明党幹部は「自民党が9条改正を持ち出せば、別居(連立離脱)もいとわない」と牽制する。

    しかし「自民党が何かやれば、結局は自民党に付き合うしかない」(公明党関係者)との本音も見え隠れする中で、今後の改憲議論でどのように一致点を見いだしていくのかが注目される。

    安倍首相は「この国会をはじめ、令和の時代、大きな課題もあるが協力していけば、決して乗り越えられないことはない」と強調するが、秋の臨時国会で「風雪に耐えた」自公連立政権がどのような形で改憲議論を進めようとするのか、真価が問われることになる。

     

    :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
     

    政教分離を求める会 公式サイト

    http://seikyou-bunri.net/
     

    政教分離を求める会 メールアドレス
    admission@seikyou-bunri.net

    政教分離を求める会 代表のブログ
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

    政教分離を求める会 副代表のブログ
    http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

    連絡先 09044396570 有門大輔(アリカド・ダイスケ)

    - | permalink | - | - |