聖教新聞より考察(2)

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 12:25

画像:聖教新聞より

 

「憲法違反」政党が生み出した「憲法違反」の法律・条令!

 

 引き続き有門大輔(ありかど・だいすけ)が聖教新聞より、創価学会・公明党について考察します。

 

 4年前の6月に国会でヘイトスピーチ規制条例が施行され、それより前には大阪市でヘイト規制条例が成立・施行されました。

 

 そして昨年(令和元年)の暮れには川崎市で罰則付きのヘイト規制条例が成立し、今年7月より施行されます。

 

 一連のヘイト規制法・条例の制定については左翼・在日そして自民党の存在ばかりが指摘されますが、いずれもの法案・条例案の推進には背後で創価学会・公明党が動いていることは間違いありません。

 

 国会でのヘイト規制法採択の際に参院法務委員長を務めていたのは公明党の議員でした。その他、地方議会での条例推進にあっても公明議員が積極的に動いたことが確認されています。

 

 このヘイト規制は外国人のみを保護対象としており、そこでは日本人は差別的言動から何ら保護対象にはされておりません。

 

 法律や条令であってはいけない一方通行」の憲法違反と言えるでしょう。

 

 それ以前に創価学会を最大支持母体とする公明党からして憲法で定められた「政教分離の大原則」に違反するものであり、憲法違反の「政教一致」政党と言わなければなりません。

 

 特定教団の影響下にある憲法違反の政党が立法や条例案の制定に関わると、こうした憲法違反の法律・条令に仕上がる格好のケースと言えるでしょう。

 

 こうした憲法違反を正さなければなりません。

 

:弊会のヘイト規制反対アクション

政教分離を求める会 活動報告(11月16日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=320

政教分離を求める会 活動報告(11月20日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=321

政教分離を求める会 活動報告(11月29日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=324

 

:集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
 

政教分離を求める会 公式サイト

http://seikyou-bunri.net/
 

政教分離を求める会 メールアドレス
admission@seikyou-bunri.net

政教分離を求める会 代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

政教分離を求める会 副代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM