甲南大・部員自殺より…

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 12:39

画像上:遺書の一部

 

★画像ご紹介!


画像上:福島県内の集スト被害者宅で振る舞った筆者・有門大輔の手製カレー
レトルト・カレーではありません! 筆者・有門の手製です! …約3年ぶりにカレーを作りました!
画像下:カレーを作る際のジャガイモの切り方は荒削りですが…
兼業農家のご自宅にて獲れたジャガイモでした!

 


画像上下:長閑な福島市内の景色

 

拙ブログの関連エントリー
福島県・密教問題より報告
(3月8日付)

http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=369

 

 

☆デマによる悪評拡散の集ストを考察

 


画像上:甲南大生の自殺を伝えるニュース

 

 新聞各社が伝えていることですが、約1年半前、甲南大学(兵庫県)で学園祭・模擬店の売上金を横領したとのデマを苦にした当時2年生男子が自殺していたことが判明しました。

 

 自殺した男子大生は生前、大学側に窮状を訴えるとともに調査を要求。結果、横領の事実はなかったとして文化部の部長から謝罪を受けましたが、大学構内での謝罪文の掲示などは実行されず、大学側もキャンパス・ハラスメントとは認定しませんでした。

 

 …お金にまつわる問題というのは色んなところで発生しますよね。我々の市民運動(行動する保守運動)にあってもカンパ金をめぐるデマ騒動が度々ありました。着服したとか私的流用しただとか…。

 

 問題なのは敵側だけではなく、仲間内でも便乗して色々と言う者がいることで、あること、ないことがひとり歩きして情報が飛び交いました。あまりの惨状に身内でも「もう面倒くさいからカンパ金、返しちゃいな」という意見が出たほどです。

 

 それほどに人や物が動く行事、イベントというのはお金にまつわる問題が起きやすいのでしょうね。

 

 甲南大生の一件では自殺した当該学生が自ら横領を匂わせるような発言をしていたことも一因でした。横領の事実はなく、口頭やSNSでデマを拡散されたとしても、本人にも原因の一端はあったようです。

 

 …この甲南大生の一件がそれに当てはまるかどうかは分かりません。それを前提に以下、お読み下さい。

 

 集団ストーカーの手口では悪口によって悪評を広める、それによって社会的信用を失墜させて精神的に抹殺するような手口もあります。決して集団的に四六時中張り付いて後をつけ回すような手口だけが集ストではありません。

 

 一旦でも広められてしまったデマはなかなか払拭することは難しい。甲南大生の件でも横領の事実はなかったことが大学側によって「公的」に確認され、デマを拡散した当事者たる文化部の部長から謝罪があったとしても、広まってしまった「風評」は残ります。

 

 横領を知らされた全ての学生が無実・無罪を確認したわけでもないでしょう。大学キャンパス内でもすれ違う度、または校庭や食堂などで後ろ指を指されるようなこともあるでしょう。

 

 実際、「ブラックリスト」を回された当該の甲南大生は文化部を強制退部させられた後、他のどこのクラブ・サークルにも入ることが出来ませんでした。

 

 一たびデマが拡散されると、後にそれが無実であったことが確認されても、それを聞かされた人々の脳裏には何%かは残ってしまうものです。たとえ1〜2%程度であったとしても。

 

 事実、当該の甲南大生は自ら横領したことを匂わせるような発言を自分でしていたわけですから、尚更デマによって広まってしまった風評を払拭することは容易ではありません。

 

 逆に言うと、集団ストーキングによって悪評を広める側というのは、そこを狙ってデマの拡散を仕掛けるわけです。たとえ後に事実ではないと確認されても、人々の脳裏に僅かでも悪評が残ることを目論んで。

 

 従って「最大の防止策」「防御策」とは、自ら疑われるような言動をとらない。誰にも言質を与えない。揚げ足を取られるようなことを一切やらない。これに尽きます。

 

 件の甲南大生はそこが少し浅はかでしたね。

 

 決して大学側や周りだけを責められるケースではないかも知れませんが、カルトなどの勢力が介在していた場合、意図的且つ集団的に悪評をばら撒くようなデマ工作をやってくるので要注意です。

 

 今回の事件にはまったく関係のないことで、これだけで全てを断定することは出来ませんが、甲南大学と創価学会の接点について、表沙汰で公開されており、判明した限りの事実を掲載します。

 


画像上下:胡金定という、どこかの国の独裁者みたいな名前の甲南大教授が度々創価学会系シンポジウムに招かれて講演しては創価系の出版物にて
池田大作を日中友好の功労者であると絶賛しています!

 


画像上下:その他、甲南大教授や准教授が創価系のインタビューに答えていたり、創価青年部主催のフォーラムで講演している様子
が紹介されていました!

 

 …大学である以上、色んな分野との付き合いや交流があるのでしょうけど、少なくとも創価学会と関わりのある教育関係者が在籍しているというのは事実のようです。

 

 それは教授や准教授、講師に限らず、一般の甲南大生にしても同じことが言えるのではないでしょうか?

 

有門大輔・記

 

:集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
 

政教分離を求める会 公式サイト

http://seikyou-bunri.net/
 

政教分離を求める会 入会申し込み
http://seikyou-bunri.net/admision/admis.html

 

政教分離を求める会 メールアドレス
admission@seikyou-bunri.net

政教分離を求める会 代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

政教分離を求める会 副代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM