エアコン撤去をめぐる近隣トラブル(2)

  • 2020.05.29 Friday
  • 13:16

 

:前エントリーより

エアコン撤去をめぐる近隣トラブル(5月27日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=403

 

★事件化しないためのあの手この手…?

 

 大阪府の某市にあるマンションで発生したエアコン撤去・移設をめぐるトラブルで、問題とされる要点は被害者の「さん」が警察に持ち込んでも応対した警察官が「事件」として扱いたがらなかったことです。

 

 かのヘイトスピーチ規制法では右派市民デモの側がのっけから「悪」であるかのような大前提で警察が対応しているのが実状です。

 

 ヘイト規制をめぐる動きでは右派市民デモに対する妨害集団『しばき隊による乱暴狼藉について、右派市民デモ参加者からの訴えを警察はまともに取り合おうとはしません。

 

 エアコン設置をめぐるトラブルでは被害者Aさんがツテを通じて然る行政書士が警察への問い合わせに動き、警察庁の「監察」に異議・不服を申し立てました。

 

 市民からの訴え、申し出を受けた警察庁の監察が動き、エアコン事件を担当した当該の巡査部長が所属する警察署の判断となるでしょう。

 

 それにしても、加害者のBは被害者Aさんが撤去・移設したエアコンで暴力団員の介在を示唆し、「2万円」を要求していますが、暴力団員に取立てなんで依頼して余計に高くつくように思えてなりません。

 

 おそらく、暴力団員の存在など勝手に名前を出したハッタリだと思われますが、警察は加害者BからAさんに送られたメールの内容に暴力団員の存在が明記されていても、「そうは書いていない」「(暴力団員を)連れて行くなどとは書いていない」とするBの供述を鵜呑みにしています。

 

 このBにしても、妨害集団しばき隊にしても犯罪行為を仄めかしつつ、後になってそれを否定する手口も非常に似通っています

 

 しばき隊からの暴力的言動についても、Bの脅迫行為についても警察は事件化しないためなら、明らかな脅迫的文言であっても「脅迫ではない」「脅迫しているようには見えない」「思えない」といった見解を平気で述べたりします。

 

 川崎市で起きた所謂しばき隊関係者による右派市民デモ参加者に対する暴力事件でも、「(被害者が)自分から倒れ込んだように見える」などと言うくらいです。明らかに犯行現場が映されたビデオ映像を見てもなお。

 

 こうなってくると、警察にとって犯罪が憎いのではなく、事件を持ち込む被害者が憎くなっているのかも知れません。

 

つづく

 

文責:有門大輔

 

:集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
 

政教分離を求める会 公式サイト

http://seikyou-bunri.net/
 

政教分離を求める会 入会申し込み
http://seikyou-bunri.net/admision/admis.html

 

政教分離を求める会 メールアドレス
admission@seikyou-bunri.net

政教分離を求める会 顧問のブログ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

政教分離を求める会 代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM