福島県・密教問題より報告

  • 2020.03.08 Sunday
  • 00:10

 

☆カルトへの入信勧誘を断固拒絶!

 

画像:福島県の住宅街にて某教団施設(画像はイメージです

 

 政教分離を求める会代表代行の有門大輔(ありかど・だいすけ)です。

 

 只今、集スト絡みの問題で依頼を受け、福島県に来ております。

 

 福島県にて密教集団からの強引な勧誘を拒絶したいとのことでした。正確には密教集団への入信の勧誘と言うよりも、密教集団関係者らによって運営される地域サークルへの勧誘でしたが、内容は似たようなものです。地域サークルへの入会イコール入信とほぼ同義であるからです。

 

 依頼者の要望により、性別・年齢などは非公表としますが、依頼者は当初、向こうからの呼び出しに対して教団施設へ赴こうとしていました。電話での連絡にて教団施設に赴くことを拒絶させ、第三者の目につく開かれたところで会うことになりました。

 

 教団施設など、密室空間では第三者に助けを求めることは出来ません。「それでは、そちらにとっても密室での脅迫罪・強要罪が成立する要因になってしまいますが、それでも構いませんか?」と話を持って行かせた上で、第三者の一人である私の同行を認めさせたものです。

 

 よく聞くケースですが、如何なる対話であっても教団施設など、あちら側の牙城やアジトに(まして)単身で乗り込むようなことはお控え下さい。

 

 実際、然る宗教団体では密室のような教団施設内で信者らに取り囲まれ、「入信申し込みを書くまで帰らせない」として事実上の軟禁状態に置かれた知人も何人かいます。どうにか(教団の)新聞購読を申し込むのみで納得させたケースもあるようです。

 

 飽くまで拒絶して強引に教団施設を出て来ても、駅までの帰り道、ずっと信者らが後をつけて来て「地獄に落ちるぞ」という捨て台詞を残して行ったようなケースも聞きました。

 

 中には「見学するだけで良いから」という誘い文句で教団施設におびき寄せる手口もあるようですが、絶対に行ってはなりません。

 

 今回の福島県でのケースでは地域サークルへの入会は断固拒否する…その代わり地域サークルを通じた如何なる便宜供与も求めない…地域サークル及び教団に対する批判的な文言は一切口外しないことなどを条件に向こう側にも手を引かせました。

画像上下:福島県の住宅街にて某教団施設(画像はイメージです

 

 宗教団体への勧誘をめぐるトラブルは、集スト被害者の大多数の方が経験されています。

 

 然る集スト被害者の女性(都内在住)はかなり以前、そう親しくもない知人女性から静岡県の自宅まで遊びに来るように強引に誘われ、交通費まで送って寄越した相手の自宅に赴いたことがあったそうです。たまたま電話で話す機会があり、女性同士の雑談の延長上でのことでした。

 

 知人女性は既婚者でしたが、何とその夫婦から創価学会への入信を勧められたそうです。それも創価信者であるアーティストのコンサートに同行させられ、楽屋にまで連れていかれた末のことでした。紹介を受けた創価アーティストからも直々に勧められたそうです。

 

 予定の滞在期間を早めに切り上げようとした東京への帰り間際、「やっぱり入信は出来ない」旨を知人女性に伝えると、白昼の時間帯、何と会社で勤務中の旦那を自宅に呼び戻してまで夫婦揃っての説得(折伏)があったそうです。凄まじい勢いですね。

 

 結果、帰京してから電話で「再考しても入信は出来ない」旨を伝えると、電話口で知人女性からそれはそれは激しい言葉でさんざん罵られたそうです。

 

 創価信者の折伏恐るべしですが、大して親しくもない、それも遠方に住んでいる方からの強引な誘いには気をつけましょう。

 

 大したトラブルもなく入信を断れる場合もありますが、相手によっては大きなトラブルに発展するかも知れません。

 

:集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
 

政教分離を求める会 公式サイト

http://seikyou-bunri.net/
 

政教分離を求める会 入会申し込み
http://seikyou-bunri.net/admision/admis.html

 

政教分離を求める会 メールアドレス
admission@seikyou-bunri.net

政教分離を求める会 代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

政教分離を求める会 副代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    日韓断交で朝鮮系カルトも弱体化!

    • 2020.03.06 Friday
    • 22:11

     

    ☆これ以上、日本での暗躍を許すな!

     

     新型肺炎コロナ・ウイルス対策として安倍政権は中韓2ヵ国からの受け入れ規制を表明しました。具体的には両国からの日本入国には隔離施設で2週間の待機を義務付けたもので、事実上の受け入れ規制と言えるでしょう。

     

     これに対し、日本以上の感染拡大地域である韓国側は猛反発。日本からの短期滞在ビザ免除や既に発行されたビザの効力を停止するとしたものです。

     

     

     即ち、韓国側からの事実上の「日韓相互ビザ免除措置の破棄」と言えるでしょう!

     

     実に画期的なことです!

     

     これまで方々から指摘・批判されてきた日韓相互ノービザ措置ですが、わざわざ日本側から申し入れずとも韓国側から事実上の破棄宣言!

     

     韓国が停止した以上、相互主義に基づいて速やかに日本側も停止から順次廃止へと踏み切りましょう!

     

     これまで再三「日韓関係の悪化」などと報じられましたが、今回の騒動でも韓国側でカルト教団施設を中心にウイルス感染が拡大している事実がある以上、原因は全て韓国側にあります。歴史認識をめぐる問題も全て韓国側の火病が原因でしょう。

     

     ますますもって日韓関係は「国交断絶」に向けて一直線に進んでいますが、こうした韓国との国交断絶が、ひいては日本国内で暗躍する韓国系(朝鮮系)カルトを弱体化させます!

     

     統一カルトに、特に韓国との結びつきが強い創価学会…その他、韓国系キリストの中小教団。

     

     こうしたカルト連中が進める日韓共生(同化)やら日韓トンネルのようなものは、まったくもって必要ありません!

     

     朝鮮・韓国系カルトを弱体化させる日韓断交を断固推進して参りましょう!

     

    有門大輔 記

     

    :弊会として参加した日韓断交アクション
    麻布での活動参加の報告(2月15日付)

    http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=355

     

     

    :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
     

    政教分離を求める会 公式サイト

    http://seikyou-bunri.net/
     

    政教分離を求める会 入会申し込み
    http://seikyou-bunri.net/admision/admis.html

     

    政教分離を求める会 メールアドレス
    admission@seikyou-bunri.net

    政教分離を求める会 代表のブログ
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

    政教分離を求める会 副代表のブログ
    http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

    連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

    • 0
      • -
      • -
      • -

      韓国カルトと「電磁波カルト」!

      • 2020.03.05 Thursday
      • 00:10

       

      ☆妄信するメンタリティが共通!?

       

       韓国で新型肺炎コロナ・ウイルス拡大の一因となった新天地イエス教会について、ソウル市は同教会が設立した社団法人の資格を取り消しました。

       

       新天地イエス教会がウイルス拡大阻止に非協力的であるばかりか、今なお隠れて信者を集めては集会や布教を開いているとしたものです。

       

      画像:ネットニュースより

       

       新天地イエス教会は3割がキリスト教徒である韓国にあっても明確なカルトと言えるでしょう。

       

       それにしても、どうしてどう見ても胡散臭そうなオッサンがイエス・キリストの再臨であるとして崇めることが出来るのでしょうか?

       もはや実質的なキリスト教国とも言える韓国とは、つくづくおめでたい社会です。

       

      画像:ネットニュースより新天地イエス教会の集まり

       

       今に始まったことではありませんが、日本でも朝鮮人教祖を崇める韓国系キリストがあちこちに出没していますので注意が必要です。

       

       中には統一教会に批判的な韓国系キリスト教会もあるのでしょうけど、どちらも本質的にそう大差はないと思われる上に信者の取り合いにしか見えません。

       

       そして韓国では国ぐるみの糾弾と吊るし上げによって、ついに「キリストの再臨」が土下座までさせられました。

      画像:ネットニュースより

       

       カルトがカルトを叩いているようにしか見えませんが、パチンコの廃止も然り、ここまでカルトに厳しく対処しているところは日本としても見習わなければなりませんね(しかしながら、反日が特にそうだが、誰かを原因として吊るし上げて糾弾する時の韓国社会の一方向性は凄まじい)。

       

       尤も涙ながらに土下座の謝罪をした教祖とて、世間からの同情を買い、少しでも批判を和らげる一方で信者たちからは「教祖様が私たちに代わって犠牲になって下さっている」として求心力を高めるためのアイゴー土下座だったのでしょう。あるいはTVメディアに露出することで宣伝効果を狙ったものだったのか?

       

       いずれにしても転んでもタダで起き上がるような連中ではありません。

       

       教団施設での感染と言えば、日本でも創価学会ほか宗教団体が各種集会を自粛する傾向にありますが、特に創価に至っては全国の施設を全面封鎖させることが急務でしょう。学校さえも閉鎖で自主学習になる中、祈りやらお題目やらは自宅でやっていれば良いことです。

       

       政権与党の支持母体であることに忖度して、そういった思い切ったことを出来ないところが日本の弱さです。

       

       さて、こうした曲がりなりにも宗教法人として存立するカルトとは別に、ネット上では電磁波カルトが氾濫しています。日本のみならず、世界的にも…。

       

       先日も当方のサイトを見た方からリアクションがありました。ドコモの+メッセージやらを設定してやっとコンタクトを取ることに成功しましたが、話してみればいきなり出てきたのが電磁波攻撃…。

       

       我が『政教分離を求める会』としては明確に電磁波攻撃(テクノロジー犯罪)の存在を否定していますが、その反面、この手の接触やリアクションが多くなりました。

       

       …どうやら、電磁波攻撃が「有ること」にしないと困る連中が存在するようです。そのためには電磁波攻撃を明確に否定する向きは何としても芽を摘まなければならないといったように…。もはや電磁波カルトと言っても差し支えないでしょう。

       

       韓国系キリストに加えて媚韓的な創価学会…何だか電磁波、電磁波と言っている人たちとその背後にいる連中の正体が見えてきたような気がしました。電磁波攻撃を信じてしまう人たちのメンタリティとは、何の根拠もないのに「キリストの再臨」だとのたまう教祖を信じてしまう信者のメンタリティに似ています。

       

       先日も神奈川県在住の集スト被害者の女性から連絡を受けました。何でもネットで電磁波攻撃について見たそうなので、そういう時にはすぐに回答しています。「電磁波攻撃なんてないよ。だから安心して」「何が真実か分からない情報はすぐにシャットアウトしてPCを閉じて」「そして二人の娘さんたち、一番大切なご家族だけを見ていて」「大事なご家族が無事なら何ともないから安心して」と。

       

       「一番大切なご家族」とは人でなくても、ペットでも人形でもぬいぐるみでも構いません。

       

       キリストの再臨も電磁波攻撃も誰が言い出したのか、こういうのを「一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う」と言うのでしょうね。

       

       コロナ・ウイルス騒動でもトイレットペーパーが生産不可で品切れになるという団体職員のデマがネット情報を通じ、日本全国を騒がせました。

       

       くれぐれもご注意下さい。

       

      有門大輔 記

       

      :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
       

      政教分離を求める会 公式サイト

      http://seikyou-bunri.net/
       

      政教分離を求める会 入会申し込み
      http://seikyou-bunri.net/admision/admis.html

       

      政教分離を求める会 メールアドレス
      admission@seikyou-bunri.net

      政教分離を求める会 代表のブログ
      http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

      政教分離を求める会 副代表のブログ
      http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

      連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

      • 0
        • -
        • -
        • -

        対馬市長選と創価・公明党

        • 2020.03.04 Wednesday
        • 00:06

         

        ☆観光頼みの背景にカルトの影…

         

         先日、対馬での市長選が終わりました。

         

         『日本第一党』(桜井誠党首)推薦候補の荒巻靖彦氏が挑んだ市長選でしたが、自民・公明の推薦を受けた現職候補が再選しています。

         


        画像:ネットニュースより

         

         以下は関係サイトより、対馬市長選と日本第一党デモに関する記事アドレスです。

         

        ★ブログ『侍蟻』より
        2020年03月03日 対馬市長選の総括!

        http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52119264.html

         

        ★NPO外追 公式サイト(広報)より
        2020年02月29日 【東京】新型肺炎から日本人の命を守ろう!国民大行進(参加報告)

        http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1914149.html

         

        ★関連ブログ『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動』より
        銀座〜対馬! 日本第一党の戦い!(3月3日付)

        https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12579540632.html

         

         今や与党候補として当たり前となった自公推薦ですが、対馬にも公明市議がいれば創価学会対馬会館が存在します。


        画像:グーグルマップより

         

         対馬と言えば韓国人頼みの観光業が「日韓関係の先鋭化」と「新型肺炎コロナ・ウイルス感染拡大」というダブル・パンチの直撃で、大打撃を受けた様子が伝えられています。

         

         先の市長選でも高レベル核処理施設の新設を掲げた新人候補・荒巻氏が「観光頼みからの脱却」を掲げて市長選を戦いました。

         

         対馬にやたら韓国人観光客が多く、まるでコリアン・タウンのような市場や飲食店が林立した様子が伝えられていました。その背景には韓国と近いという地理的な理由に加え、カルト創価学会・公明党の悪影響も多分にあったと見るべきでしょう。

         

         カルト創価が存在する近くには留学生など支那人(中国人)が多いことも通説です。韓国人の往来もまた然りでしょう。

         

         観光政策にも深く関わる国土交通省大臣ポストを公明党が独占して久しくなりますが、国の観光立国政策にはカルト創価勢力も多分に乗っかっています。

         

         観光頼みからの脱却は、ウイルスの拡大阻止や入国規制に加え、創価・公明による憲法違反の政教一致を正すことに通ずるものに他なりません。

         

        有門大輔 記

         

        :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
         

        政教分離を求める会 公式サイト

        http://seikyou-bunri.net/
         

        政教分離を求める会 メールアドレス
        admission@seikyou-bunri.net

        政教分離を求める会 代表のブログ
        http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

        政教分離を求める会 副代表のブログ
        http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

        連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

        • 0
          • -
          • -
          • -

          顕正新聞から・・・

          • 2020.03.03 Tuesday
          • 12:06

           

          先日,郵便受けに顕正会の顕正新聞が入ってました。 本日は顕正新聞から御伝えします。

           

          “決戦場”の見出しが並んで,何だかもう見るからに好戦的な宗教で普通の人はドン引きしちゃうんじゃないでしょうか? 顕正がらみだと入信をめぐるトラブルとか,よく聴きますね。 まるで軟禁状態で入信申し込みを書くまで帰さないとかなんだとか。

           

          “前進開始”とか,言ってる事が“常勝軍団”創価とソックリなんですよね。

           

          幹部の紹介欄も聖教新聞ソックリ!

           

          創価と違ってるのは浅井さんって人なのか,よく判りませんけど,教祖が元気で生きてるって事くらい?

           

          紙面いっぱいを使って幹部とか入信者の感想ばっかし・・・これだと信者しか読みたがりませんし, というか聖教新聞の場合だとまだ社会面,スポーツ面で一般紙に似たところありますけど,顕正新聞って聖教新聞以上に読むところ無いっすよ〜。

           

          こっちは駅頭とかでよく無料配布してるやつですね。

           

          反創価活動でよく聞くのが反創価の人とネットで知り合って会って見ると顕正会の人だったというのをよく聞きます。 カルト創価打倒のためにほかのカルトに入っちゃ意味ありません。 私達が戦ってるのって宗教戦争じゃありませんもの。 

           

          弊会の副代表曰く,創価は日蓮から破門されて本来の創価学会じゃない只の池田教。 日蓮系と元日蓮系で争って戦うのはおおいに結構なんですけどね。

           

          顕正会の勧誘で聞くのが“あなたの人生が変るのよ〜〜〜”ってやつ。 日蓮とか知らんがな。 変る変らないをあんたに決められたくないし。

           

          報告者 会員W.U

           

           

          :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
           

          政教分離を求める会 公式サイト

          http://seikyou-bunri.net/
           

          政教分離を求める会 メールアドレス
          admission@seikyou-bunri.net

          政教分離を求める会 代表のブログ
          http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

          政教分離を求める会 副代表のブログ
          http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

          連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

          • 0
            • -
            • -
            • -

            デモ報告と公明/創価

            • 2020.02.29 Saturday
            • 21:59

             

            2月最後の日,日本第一党主宰によるパンデミック阻止/コロナウイルス撃退デモ行進が東京/銀座で行われました。

             

            この行動には弊会代表と代表代行が参加してます。

             

             

            桜井党首は集会での挨拶で“いくら対処療法をやったところで次ぎから次ぎへと病原菌を持った中国人がやって来る”  “既に十人が亡くなってるが,こんな見殺しやってるのが自民党/公明党のロクデナシ政権だ”として批判しました。

             

            第一党顧問もつとめる弊会代表は政府の“観光立国政策”を追及。  “ウイルス騒動で景気/経済は冷え込み,観光立国政策は終る!”  “観光政策に代る新たな国策事業として新型を含めた原発全面稼働が急がれる”  “ウイルスで亡くなった方はいても放射能で亡くなった方はいません”と述べたものです。

             

            以下,日本第一党の党員から画像提供を受けました。

             

             

            それに対する代表代行のリツイートです。

             

             

            会員 W.U

             

            :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
             

            政教分離を求める会 公式サイト

            http://seikyou-bunri.net/
             

            政教分離を求める会 メールアドレス
            admission@seikyou-bunri.net

            政教分離を求める会 代表のブログ
            http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

            政教分離を求める会 副代表のブログ
            http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

            連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

            • 0
              • -
              • -
              • -

              カルト教団媒介のウイルス感染!

              • 2020.02.27 Thursday
              • 00:00

               

              ☆救いを求めた祈り・お題目で新たな犠牲?

               


              画像:ネットニュースより

               

               日本以上にコロナ・ウイルスの感染拡大が伝えられる韓国ではカルト宗教団体施設での感染急増が伝えられており、首都のソウル市内にも感染が拡大していると伝えられています。

               

               この新型肺炎ウイルスの世界的な蔓延で、カルト施設で祈れば救われると思ったのでしょうか? ところが、どっこい! カルト施設に救いを求めてやって来てウイルスに感染しているようでは本末転倒でしかありません。まだ自宅に篭っていたほうが救いはあったでしょう。

               

               未だカルト花盛りの日本でもカルト教団施設は全国の至る所に存在しますが、特に親韓・親中カルトとして知られる創価学会の施設ではどのような対策を講じているのでしょうか?

               

               特に創価の場合、宗教法人の施設でありながら信者以外の部外者の出入りは厳に禁じられていますので、万一、感染拡大ということになれば感染源は創価信者以外に考えられません。

               

               中韓をはじめ、海外からも信者の往来が頻繁に行なわれているようですので、日本社会全体で見ても創価施設が感染源になることは十分に考えられるでしょう。

               

               こういった場合に市街地の商業・娯楽施設もそうですが、学校や病院ともども大勢の信者が集まるカルト教団施設というのも政府の力で封鎖させなければなりません。そのための「緊急事態条項の新設」が公明党山口那津男なる連立政党の妨害で潰されました

               

               自民党政権もそうですが、カルト与党の公明党・創価学会の思惑によって日本国民の生命・安全はさらなる危機に晒されています

               

               さる2月24日、『日本第一党』の桜井誠党首による緊急演説では他の与野党とともに、公明党に対しても「お題目でウイルスを消せるものなら消してみろ!」という厳しい批判が浴びせられました。

               

              ★動画ご紹介!
              【日本第一党】東京都本部 街頭演説会 in有楽町[2020年2月24日]

              https://www.youtube.com/watch?v=KdXe81C4kgI&t=990s

               

               同じく24日には我が政教分離を求める会も他団体とともにウイルス感染拡大と感染発生から1ヵ月以上、無策無能の政権与党に対する抗議行動を展開したのは既にお伝えしたとおりです。

               

              2/24 四谷〜活動報告(2月24日付)
              http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=361

               

               今後、政教分離を求める会では、他団体とともに各地でカルト批判の街頭行動及びポスティング活動を予定しております。

               

              有門大輔・記

               

              画像:筆者・有門のリツイートより

               

               

              :拙ブログの直近のエントリーより

              東大宮「霊波之光」施設騒動!?(2月2日付)

              http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=343


              ★NPO外追 公式サイト(広報)より
              2019年02月28日 【埼玉】カルト『霊波之光』東大宮・進出騒動リサーチ!

              http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1903726.html

               

              :ブログ『侍蟻』より東大宮「霊波之光」関連エントリー

              2018年06月08日 カルト政党と「言論弾圧」条例!
              http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52076643.html

              2018年07月03日 追及第2弾 カルト『霊波之光』東大宮・進出騒動!
              http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52078286.html

              2019年02月28日 追及第3弾! 東大宮「霊波之光」騒動!
              http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52093766.html

               

              :ブログ『侍蟻』より創価・麻生会館への建設反対に関するエントリー

              2015年03月15日 外人犯罪とカルト追放街宣・デモ
              http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51973195.html

              2017年05月19日 創価「麻生会館」問題(7)
              http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52048032.html

               

               

              :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
               

              政教分離を求める会 公式サイト

              http://seikyou-bunri.net/
               

              政教分離を求める会 メールアドレス
              admission@seikyou-bunri.net

              政教分離を求める会 代表のブログ
              http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

              政教分離を求める会 副代表のブログ
              http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

              連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

              • 0
                • -
                • -
                • -

                左翼思想による洗脳と集団ストーカー!

                • 2020.02.26 Wednesday
                • 00:32

                 

                ☆陛下、皇室への罵倒は許さない!

                 

                 有門大輔(ありかど・だいすけ)です。

                 

                 先日(2月24日)の公明党を含む各政党に対する抗議行動の様子を各関係ブログで紹介させて頂きました。

                 

                ★関連ブログ『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動
                反共演説と行動の報告!(2月25日付)

                https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12577584576.html

                 

                 我々の仲間たちが日共(日本共産党)に抗議を行なったところ、共産党員が後をつけて来て、こちらの様子をずっと窺っていたことも関係ブログで伝えております。

                 

                ★関連ブログ『侍蟻
                2020年02月25日 既成政党へのリレー演説大会!

                http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52118883.html

                 


                画像上:代々木の日共本部
                画像下:日権会と令和タケちゃんらの一行を追尾してきた
                集団ストーキングの如き共産党員らは日共親衛隊のメンバーか?

                 

                 余談ながら…カルト絡みの「集団ストーカー」事件で、日共本部に救いを求めて相談に赴き、実際に日共に入党までしてしまう「集スト被害者」の方が少なからずおられます(ほぼ全員が後に離党していますが)。
                 

                 しかし、日共に救いを求めても何の解決にも救いにもなりませんので、藁をも掴む思いで日共に救いを求めるような真似は是非ともお控え下さい。

                 

                 日共から派生した反原発グループを母体とする所謂しばき隊』なる妨害集団が保守系デモ参加者に付きまとうような蛮行を繰り広げているのが現状です。

                 

                以上

                 

                 最近、左派政党からも集団ストーカーへの言及が目立ちますが、日共が根本的な救いにならないことは当然ながら、左派政党及び左翼系が言っていることは総じてアテにならないでしょう。

                 

                 具体的には『オリーブの木』や山本太郎(れいわ新選組代表)が集ストに言及しているようですが、たとえ同じ集スト撲滅の立場ではあっても、私どもがこれら左派政党に与することはありません。

                 

                 その他、左翼系による所謂「集スト・ビジネス」への参入については拙ブログでも以前に言及しました。

                 

                反原発・放射能汚染を悪用する集スト悪徳ビジネス?(2月13日付)
                http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=353
                最近のご相談事例より… 緊急提言!
                「反原発派」「左翼」が集スト・ビジネスに参入!?

                 

                 …「放射能攻撃」などと劇画チックなことを言っていればまだ良いほうかも知れませんが、集スト被害者の方々に見られる傾向として、天皇陛下や皇室・皇族までを罵倒する傾向が散見されます。

                 

                 「自民党・清和会が集スト・電磁波攻撃の司令塔…」などと言っているのはまだマシな部類かも知れませんが、同じ自民党への抗議であっても私たちの自民抗議とはまったくスタンスが異なります。

                 

                 皇室への罵倒で顕著なのは民間から皇族になられた皇后陛下について、そのご実家が「カルト創価学会の信者だ」というものです

                 

                 しかし、実際に小和田家の隣家に住まわれて、小和田家とは20〜30年間に及ぶ近所付き合いをされていた然る建設会社会長ご夫妻に確認を取ったところ、「小和田様のご家庭は創価信者などではありません」という証言が得られています。

                 

                 この情報は弊会代表(瀬戸弘幸)が実際に付き合いのある建設会社会長ご夫妻から直で聞いて確認を取ったものですので確実と言えるでしょう。

                 

                 このようにツテを通じて、ちょっと調べればすぐに分かるようなことでも左翼系はありもしない、まったく根拠のないデマをさも事実であるかのようにネットで拡散し、まことに残念なことに、そのニセ情報に躍らされている人が少数ながら存在します。

                 

                 こうして陛下や皇室がまるで「カルトによる司令塔」であるかのように喧伝(けんでん)しては自らの集スト・ビジネスに利するのが連中の手口です。

                 

                 だから左翼系というのはたとえ集スト撲滅に言及していても、まったく信用に値しません。

                 

                 オカルト・ブームは既に終わっていますし、オカルトにしてもあまりにもお粗末過ぎます。

                 

                 たとえ集スト撲滅、反カルトのスタンスであっても私どもは左翼系には一切、与しません。

                 

                政教分離を求める会 公式サイト

                http://seikyou-bunri.net/
                 

                政教分離を求める会 メールアドレス
                admission@seikyou-bunri.net

                政教分離を求める会 代表のブログ
                http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

                政教分離を求める会 副代表のブログ
                http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

                連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -

                  2/24 四谷〜活動報告

                  • 2020.02.24 Monday
                  • 20:54

                   

                  令和2年2月24日(月, 日権会と令和タケちゃん,外追,我が政教分離による抗議行動が四谷3丁目交差点で行われました。

                   

                  はじめ,この行動は「創価学会」本部のある信濃町で予定されてました。

                   

                  ですが,信濃町周辺が騒音規制区域に引っ掛る事と、弊会の代表代行が以前に創価本部への抗議行動で仮処分を申し立てられてる事から四谷3丁目が開催場所となりました。


                  創価・公明党からの「仮処分」が決定 2017.07.07
                  http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=140

                   

                  演題はコロナウイルス対策で自民党の連立政権で,中国と特に親しい公明党/創価学会が足を引張った事への抗議行動です。

                  日権会々員や,タケちゃん,弊会会員等が創価学会と言う特定教団が政権政党に影響力を持つ事の危うさ,政教分離の大原則に反した「政教一致」を批判したものです。

                   

                  政権を預かる公明政権には国民の生命/安全を守る覚悟が微塵も有りません。

                   

                  弊会の代表代行は昭和時代より中国と蜜月関係にある創価学会が習近平の訪日をセッティングした事は間違いなく,これが選挙で創価票をアテにした自民党政治のなれの果てである事を説きました。

                   

                  ※画像は弊会代表代行

                   

                  抗議行動は公明党と連立を組む自民党の本部前と総理官邸前でも行われました。

                   

                  国家緊急法の制定も連立パートナーである公明/創価に事実上潰された自民党は情けない限りです。

                   

                   

                   

                  報告者 会員W.U

                   

                  :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
                   

                  政教分離を求める会 公式サイト

                  http://seikyou-bunri.net/
                   

                  政教分離を求める会 メールアドレス
                  admission@seikyou-bunri.net

                  政教分離を求める会 代表のブログ
                  http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

                  政教分離を求める会 副代表のブログ
                  http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

                  連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -

                    近隣「騒音テロ」の集スト!

                    • 2020.02.23 Sunday
                    • 11:07

                     

                    ☆エビデンス収集・保全の重要性!

                     

                     有門大輔(ありかど・だいすけ)より、お伝えします。

                     

                     先週、二度にわたって東京都練馬区大泉学園町6丁目の集団ストーカー被害者宅にお邪魔しました。その様子をお伝えします。

                    ※(注) 被害者宅が特定されることを防ぐため、訪問の時期や地名にはフェイクを加えています

                     

                     その被害状況の内実は不快な音を立てることによる近隣からの騒音テロでした。

                     

                     生憎、筆者・有門らが訪問、滞在した時間帯にはリアルな被害状況を確認することは出来ませんでしたが、近隣カルト住民からの騒音テロの嫌がらせで思い出されるのは埼玉県越谷市での集スト被害のケースです。

                     

                    以下、弊会ブログ及び関係ブログの過去記事を紹介します。

                     

                    :弊会ブログの過去エントリーより

                    対集スト裁判のご報告!
                    http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=69

                     

                    ※1
                    画像:さいたま地裁越谷支部に隣接する創価学会越谷会館

                     

                    :ブログ『侍蟻』の関連エントリー

                    2015年01月27日 集スト裁判の告知!
                    http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968658.html

                    2015年01月29日 帰化人集スト裁判のご報告!
                    http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968851.html

                    2015年02月28日 集スト裁判完結と新たな凶行の予兆?
                    http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51971888.html


                    :弊会代表ブログ『日本よ何処へ』より

                    2015年01月27日 「帰化中国人による集団ストーカー裁判」
                    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53096117.html

                    2015年01月29日 「麻生創価会館建築現場の状況」
                    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53096335.html

                     

                    以上

                     

                     埼玉・越谷のケースでは被害者家族が本当に良く尽力、奔走されました。

                     

                     和解での裁判決着ではありましたが、ハッキリとしたエビデンス(証拠、証言、形跡)の収集・保全によって集ストの実態が明らかにされた初のケースと言えるかも知れません。


                    画像:当時の裁判資料より(サムネイルをクリックで拡大)

                     

                     弁護士もなかなか引き受けたがらない中、裁判での法廷闘争に持ち込んだ結果、加害者一家を団地から追放することに成功したものです。

                     

                     この越谷での集ストのケースでは地域ぐるみで中学生まで使った嫌がらせが繰り広げられていました。

                     

                     今後、練馬区のケースでもエビデンスの収集・保全の方向性が確認されたものです。

                     


                    画像:筆者・有門の過去ツイートより

                     

                    :集団ストーカー問題に関するお問い合わせはこちら
                     

                    政教分離を求める会 公式サイト

                    http://seikyou-bunri.net/
                     

                    政教分離を求める会 メールアドレス
                    admission@seikyou-bunri.net

                    政教分離を求める会 代表のブログ
                    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

                    政教分離を求める会 副代表のブログ
                    http://blog.livedoor.jp/samuraiari/

                    連絡先 09044396570 有門大輔(ありかど・だいすけ)

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -

                      profile

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM