勉強会の御知らせ(5/25)

弊会代表のブログより御知らせいたします。

きたる5月25日に予定していましたデモ行進は中止となりましたが,かわって同日勉強会を開催することと相成りました。

「日本の心を学ぶ会」との合同開催です。

--------------------------------------


自公連立政権と集団的自衛権
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53045843.html

『政教分離を求める会』『日本の心を学ぶ会』合同勉強会のおしらせ

 日本の心を学ぶ会ではこれまで三九回にわたって、歴史、和歌、國體論を中心に「日本の心」「日本伝統精神」を学んでまいりました。

 第四十回の勉強会は、瀬戸弘幸先生の主催する政教分離を求める会と合同で開催することになりました。

 演題は二本立てとなり、政教分離を求める会のお招きする山村明義先生には、「自公政権と集団的自衛権の行方」として南シナ海で牙をむく中国の覇権主義など厳しさを増す日本の周辺情勢と解釈改憲で集団的自衛権の容認に突き進む自公連立政権について講演していただきます。

 四宮正貴先生には「楠公精神と現代」という演題で講演をしていただきます。

楠木正成は南北朝動乱の時代に後醍醐天皇の呼びかけに応じ討幕の兵を挙げ建武の中興の立役者となった武将です。

楠公が歴史上の表舞台で活躍したのは赤坂城の挙兵から湊川の戦いまでの五年間にすぎません。しかし、後世に与えた影響は大きく、その身を持って示した勤皇精神は明治維新の志士に大きな影響を及ぼしております。明治維新は楠公精神の継承と実践が原動力であったといえます。

そして、今回の勉強会が開催される五月二十五日は湊川の戦いで弟の正季と「七たび人と生まれ、逆賊を滅ぼし、国に報いん」と、七生報国の意思を確認し刺し違えて自害された日です。

この日に私たちは明治維新の精神的基盤となった楠公精神を学びたいと思います。そして、楠公精神をもって討たねばならない現代における「逆賊」についても議論したいと思います。みなさまお誘い合わせのうえご参加ください。


【日 時】平成26年5月25日(日)午後5時30分より

【場 所】文京区民センター 2-B会議室

東京都文京区本郷 4-15-14 地下鉄春日駅 下車1分(大江戸線、三線)、 後楽園下車3分(丸の内線、南 北線)JR(水道橋)

【演 題】 第一部「自公政権と集団的自衛権の行方」

      第二部「楠公精神と現代」

【登壇者】第一部 山村明義先生 作家・ジャーナリスト

      第二部 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所

【司会者】 林大悟

【参加費】資料代500円 終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

6・8カルト撲滅デモ

被害者、待望の大反撃!!

行動カレンダーから
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=464


◆(仮)カルト被害者救済・仏罰デモ

〜組織犯罪教団と児童虐待教団の宗教法人剥奪〜

創価学会、顕正会のような日蓮系カルトや統一教会のような組織ぐるみの犯罪や反日教団、そして『ものみの塔 エホバの証人』のような児童虐待教団の宗教法人格を剥奪せよ!

いくら宗教の自由といっても神仏の名を騙り犯罪を行なう事は釈迦、イエスも八百万の神々も許さない!
このような教団は隣人や信者の子を苦しめる教団であって国が宗教法人を与えて税制上優遇したり保護する必要性はない!

すべての上記のカルトに苦しめらた者、仏弟子、神社の氏子、クリスチャンも立ち上がれ!
カルト信者こそ悪魔の使いであり、その上記教団のトップは十字架に貼り付けられ、天照大神の日輪の火に焼かれ、釈迦如来によって永遠の地獄に落とされるべきである。

神、仏にかわって悪魔崇拝者に神罰、仏罰を下すものである。

奴らは今まで多くの人を苦しめながら巨万の富を蓄えております。このような連中を宗教法人として税を免除してどうするのか!?
奴らのような団体からは宗教法人格を剥奪し、その巨万の富を吐き出させ、今までの被害者及び難病で臓器移植をしなければならない子供たち、全ての恵まれない子供たちのために使うことが神・仏の道ではないでしょうか?

全ての名僧・高僧の顔に泥を塗った悪魔どもに対し、罪滅ぼしをさせることが必要です!


日時:平成26年6月8日(日曜日)
集合13:30
出発14:00

場所:有名な某カルト教団本拠地の付近予定

主催:チーム悪即斬(代表:荒巻 丈)

------------------------------------
このデモは当初,政教分離を求める会として5月末に行われる予定でした。しかし,代表者の上京,参加などの都合がつきにくいことが予想されるなどの事情により,急きょチーム悪即斬の会長である荒巻丈氏に主催を引き受けてもらう形で開催発表に漕ぎ着けたものです。
弊会は,このデモにおいて協力,後援という形で関与する運びとなりました。遂に東京都内でカルト撲滅の国民大行進が開催されます。

以下、弊会よりデモへの賛助金を募ります。

公式HPより

http://seikyou-bunri.net/donait/donait.html


振込先
ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111

名前 政教分離を求める会


その他の金融機関からの振込みはこちら

店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

公明の天敵

弊会代表のブログより御知らせします。

2014年02月12日 「橋下市長VS創価公明党」(1)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53026687.html

2014年02月19日 「橋下市長VS創価公明党」(2)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53026755.html

2014年03月19日 「橋下市長VS創価公明党」(3)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53033655.html

大阪市長選は終わりましたけれど,最初から決り切っていたとおり,橋下市長が再選しました。野党が軒並み候補の擁立を見送り,おちゃらけた候補が対立候補として立ったことも影響したのだと思いますが,大阪市の市長選としては最低の投票率で無効票も多かったようです。
大阪都構想への協力が得られなかったことと裏切りが原因だと思いますが,橋下市長は“一生忘れない”として公明党とのたたかいを明言しています。こういう公明にとっての天敵は各地に出没してくれば非常に政治も俄然おもしろくなるでしょう。

創価施設への反対運動

弊会代表のブログより御知らせします。

2014年03月24日 工業団地内に創価学会の建物が
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53034730.html


創価学会の施設が建設されることに,近隣の住民からの反対運動がおきているようです。最早暴力団扱い。かれら創価はそれほど世間から好かれてはいない,というよりもかなり嫌われているといった方が正解のようですね。

選挙では創価公明党が選ばれても,じっさいには創価への反発がつよまっているようです。このような反対運動が全国で盛上がることを期待します。きっと民意は随所に反映されることでしょう。

橋下市長が公明党批判

大阪の橋下徹市長が公明党を批判しました。

大阪都構想は頓挫しましたが,公明党との“秘密協定”を反故にされたことも原因です。

大阪を再編する大阪都構想で公明党から協力を得る約束をとりつけて維新の会として公明党への選挙協力までしたものの,土壇場で掌を返されました。

もっともこんな連中のいうことはウソばかり。合意して約束したことも平然と反故にするような連中です。

そんな公明党を信用した橋下市長も甘ちゃんでした。

公明党は秘密協定の存在を否定していますが,あとになって,そんなことは知らないとか,無かったなどと平然と言い放つやつらです。

しょせんは勝ち組の権力者にしか擦り寄らないやつら。戦況が有利になるとおもえば橋下市長にも下手にでてゴマをすりますが,イザ橋下市長と維新の会が不利とみるや平然と寝返るやつらです。

橋下市長と維新の会は公明党の候補者が出馬する選挙区にも堂々と候補者を立てて,真っ向から戦うべきでした。

次からはそうしてください。


<橋下氏>府・市出直し選示唆 党運営から距離
毎日新聞 2月1日(土)12時10分配信
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は1日、東京都内で開かれた党大会であいさつし、自らが提唱する大阪都構想が野党各党の反対で事実上頓挫したことについて、「全政党を相手にした民主主義の戦いになるかもしれない」と述べ、大阪市長・大阪府知事の出直し選に打って出る構えを見せた。これまで一定の協力関係にあった公明党の対応を強く批判した。

【大阪都構想が頓挫】何がどう否決されたのか
 また、橋下氏は「こうやってしゃべるのも今日が最後かもしれない。今後の日本維新の会は皆さんに託す」と、党運営から距離を置く考えを示した。ただ、国会議員団幹部に共同代表辞任は否定した。
 橋下氏はあいさつで、大阪府・市を再編する都構想の協議を巡る公明の対応を「約束違反」と主張した。公明は、構想の制度設計を協議する法定協議会で、市を分割してつくる特別区の区割り案を絞り込むとの橋下氏らの提案に、他の野党とともに反対した。
 橋下氏は、2012年衆院選で公明と関西6小選挙区で選挙協力した際、「都構想を問う住民投票まで進めさせてください」と約束したと強調。さらに「公明までが反対となり、都構想の議論はストップする」との認識を示し、「最後まで戦い抜くところは戦い抜く」と語った。
 公明側は約束の存在を否定しており、府議団の清水義人幹事長は1日、「これまで通りきちんと議論しようと言っているだけだ。批判は全く理解できない」と話した。

1月の創価公明党批判

弊会代表のブログ記事よりお知らせします。

・朝日新聞の創価公明党批判社説

いうまでもなく,公明党には野にくだる覚悟等ないでしょう。どんな政権だろうと擦り寄っては権力にしがみつく。それが公明党です。

集団的自衛権にたいする解釈でも自民党との足並のみだれがいわれていますが、連立与党間でも調整中のこの案件,いずれほど良いかたちで決着がはかられるのでしょうね,骨抜きになって。

・創価学会・監視と批判ブログ

創価を表だって批判しても干されない有名人はデビィ夫人くらいなもんでしょうか。ほかは全滅させられました。
政治と信仰が一体,厳しく批判されるべきでしょう。大体選挙に賭ける運動力が信仰をはかるモノサシになっているなんて信者の方もおかしいとおもいませんか?

これぞ集団ストーカー犯罪

◆芸能界をとりまくカルト創価人脈

弊会代表のブログと,関連ブログよりおつたえします。

ストーカー被害を報道しないマスコミ
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53014534.html
芸能界ストーカー事件!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11733406426.html

ミスインターナショナル世界大会で優勝をはたした吉松育美さんが組織的なストーカー被害にあっているとして,外国特派員協会で記者会見をひらきました。

カルト教団関連ではよく集団ストーカーといわれる事件が相次いでいるといわれますが,なにが集団ストーカーかといって,吉松さんのような「超上玉」が狙われてこそ集団ストーカー事件です。

世界一の美貌、、そこには様々な利権がからんできます。芸能界活動にのりだすとなればなおさらでしょう。

上記ブログのほか優良ブログでは吉松さんへの組織的なストーカー事件を問題にしています。そこには芸能界に食い込んだカルト創価人脈について触れられています。

現与党の公明党はそうした信者らの支持・投票によって成立っている事をわすれてはなりません。
 

◇◇年末のご挨拶◇◇

今年一年たいへん御世話になりました。月一回更新の弊会ブログは今年度最後の更新となります。来年もどうぞ宜しくお願いします。

生活保護とカルト創価

生活保護の不正受給根絶はカルトの根絶から

今月東京の足立区で「生活保護の不正受給」に対する抗議デモが行われました。東京23区でも特に生活保護受給者が多いとされる足立区は区の収入より生活保護で支給される金額の方が多いといわれます。足立区は在日が多いことでも知られますが,創価学会信者も多く,有力な公明党候補者の牙城でもあります。生活保護の不正受給問題とカルト創価はセットです。これほど生活保護の問題が全国的に表面化しているのは同時に創価学会問題でもあります。

日本よ何処へブログ

足立区ナマポ「不正受給」廃止要求デモを敢行
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53006799.html


在特連ブログ

11/10 銀座〜足立区デモ敢行!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11683184748.html

カルトの組織犯罪の一環?

◆復讐代行屋にみる集ストの手口?。

以下は先日,インターネットで流さたニュースをご紹介。

気をつけろ! アナタも復讐代行業者に狙われている可能性
 全国で初めて、名誉毀損の疑いで“復讐代行業者”が捕まった。23日に広島県警に逮捕されたのは、探偵業で中国籍の翁武剛容疑者(31=東京都葛飾区)。ネット上で「恨み相手の復讐を代行します」とうたっていた翁は、広島県三次市の無職女(29=名誉毀損で略式処分)と共謀し、25歳のOLを誹謗(ひぼう)中傷するメールを、OLの勤務先に十数通送りつけた疑い。
「無職女はOLの元同僚で、海外経由で足がつきにくいメールの送り方を翁から教えてもらっていたようです。今年3月から〈彼女は以前の勤務先で窃盗事件を起こした〉〈彼女は社長の愛人〉という内容の嫌がらせメールを送っていた。翁に支払った報酬は約40万円です」(捜査事情通)

 常軌を逸した女だが、最近はこの手の“復讐”がはやっている。

「業者の数は2ケタでは収まらないでしょう。裏の世界に精通していないとできない商売なので、食えない探偵が副業にしている場合が多い。ほとんど言い値で相場もないようですが、会社をクビにするなど、とことん破滅に追い込んで、成功報酬100万円以上が目安みたいですね」(捜査事情通=前出)

 「俺には無縁」とタカをくくらない方がいい。ある復讐代行業者が言う。

 「そもそも業者に頼んでまで復讐しようなんて人間は、まず心を病んでいます。ほとんど逆恨みとしか思えない理由が多いのです」

 以前、30代の女性から「彼が浮気したから罰を与えてほしい」という依頼があったそうだ。調べてみたら2人が付き合っている事実はない。つまり女性はストーカー。自分勝手な妄想の中で怒りを募らせていたのだ。「彼」にすれば、まるで身に覚えがないのにターゲットにされたわけ。復讐代行の怖いところで、防ぎようもない。

「復讐代行と聞くと荒っぽいことを想像するかもしれませんが、実際にはささいな嫌がらせをネチネチ繰り返して対象者を精神的に追い詰めます。自宅に無言電話をかけたり、ピザを大量注文したり、ポストに汚物を入れたりする。対象者が参ってきたところで、家族や勤務先に誹謗中傷メールを送りつけます」(復讐代行業者=前出)

 その時点で、対象者の妻も「夫の不倫相手の嫌がらせ?」などと疑心暗鬼に陥っている。メールをきっかけに夫婦仲が一気に壊れ、離婚に至ることもあるんだとか。
 ネットで「復讐代行」を検索したら、約69万件もヒットした。恐ろしい世の中だ。


以上,とても恐ろしい「復讐代行業者」の手口でした。

復讐代行業者は依頼者から金銭を受け取って復讐代行の業務を行いますが,カルト組織の命をうけたグループが組織的に行う嫌がらせ,復讐が所謂「集団ストーカー」行為のようなもの。

あるいはカルトが直接か間接的に復讐代行業者を,調査会社などを隠れ蓑に運営していたというケースもあるんじゃないでしょうか。

嫌がらせ,付きまとい,復讐の専門業者と言うか専門部隊はカルトの中にあるんだと思います。

カルト政党・自民党?

◆カルト政党・自民党

弊会代表のブログ記事より、お伝えします。

2013年09月17日 カルト宗教と秘密保全法反対
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52993151.html


秘密保全法案なんてものがススメられているようですね。

特定の権力者らにとって不都合な情報が出回らないよう,規制してきびしく処罰することをさだめた法案としか思えません。

政権政党はとんでもない政策ばかりをすすめるものです。

ところで,よく「カルト政党」という言い方がされます。公明党は創価、幸福実現党は幸福の科学と言った具合に、宗教団体の支持を母体として宗教団体の政党としての色合いが強い政党を指すようです。

ですが,それを言い出せば自民党もカルト政党です。

霊友会やら立正佼成会などを支持母体に,あの統一教会とも蜜月関係にあるのが自民党です。全てカルト政党であるといえます。


Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archives

New Entries

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM