言論弾圧の王道 公明党

公明党の広告。  出来栄えはいいですね。  このへんの宣伝能力はさすがだと思いますが,4月2日って公明新聞の創刊記念日だったんですね。  しかし4月1日(エイプリルフール をはずしても公明新聞のプロパガンダは万人が知るところ。

東京都知事選挙にも出た増田元岩手県知事が公明党を讃えてます。  “排外主義の摘み取る王道”が公明党だそうです。  ヘイト規制法を作ったのが公明党なら選挙運動にもヘイト法を適用しようとしてるのが公明党です。  言論弾圧の王道でしょうよ。

公明党候補者の目が怖いです。

こ、、この目この目!

当落線上にいるのが公明党。ひとつの選挙区に4人立てれば,2人が当選,2人が落選で票も均等に割れてるぐらいに票割が出来てます。  元信者によると1人頭5票の獲得がノルマだそうです。  しかし創価も信者が減って新しい信者入らず,投票依頼もあちこちで嫌われてる創価/公明。  すべての候補者が当落線上ギリギリの崖っぷち?


 


公明党/創価 大敗北が確定的に?

この公明新聞ってバカじゃないだろうか?  いつもの決まり文句なんでしょうけど,“逆転の突破口”って“劣勢です”“負けそうです”って書いてる様なもので,今から選挙に負けた時の良いわけですかとしか思えません。  候補者の目が逝ってます。

ここにも大きな見出しで“なんとしても逆転勝利へ”?  創価も信者を減らして選挙の動員まで減らしてます。  いままで,これで勝って“祈りで勝てた”とか“池田大作先生のおかげで大逆転”とか言えたんでしょうけど,いまや公明/創価は本気で“逆転”を言わなければなりません。

しかしながら,逆に票が逃げて行きそうな凄い形相ですね。

婦人部他,学会パワーが凄まじいんで,こんな形相になるんでしょうね。

こんな選挙至上主義で当選至上主義な鬼の形相で,有権者に響くものってあるんでしょうか?

公明副代表は“公明党が小さな声を聞いてきた”と言ってますが、ウソ言っちゃ行けません。  “創価の声を聞いてきた”の間違いでしょう。

つづいては聖教新聞です。  新しい元号が発表される日にイケダ先生がナニしたコレしたとか,何なんでしょうこの新聞。  どこそこで講演したとか,どうでも良いことなのに,正常な新聞とは言えません。

創価が言うには“我等は日本の柱”。  政権政党の最有力支持団体だからそう言うのも当然ですが,創価こそかつての国柱会。  戦後ニッポンが続くかぎり,政権を仕切るでしょうね。

“大衆の声を政治に”ってウソでしょう。  公明党がやって来たのは“創価の声を政治に届ける”です。だから回り回って信者が減って党勢が衰退してます。  公明/創価を引き摺り下ろすチャンスは今です。
 

地方選と公明候補!

統一地方選の公明候補者です。  駅前にはものすごい人だかり・・と思いきや,創価学会信者の動員でしょうね。  この選挙のパフォーマンスでは公明党が最強である事に違いありません。  でも,創価学会も信者を減らしてます。  ここが一気に攻め落しどころでしょう。

おなじく公明候補の選挙ポスターです。  見えにくいと思いますが,“若いころからアルバイトで家計を支えてきた苦労人”と謳われてます。  創価信者の家庭も低所得が多いですね。  ゆえに公明党は学校無償化で創価高校/大学に通う創価信者の家庭のみを救済しようとしてます。  公明候補を受からせる事でますます創価学会を利する政策ばかりが進んでしまいます。  投票依頼があっても絶対に投票しない様にしましょう。
 

「創価・公明党批判」演説報告

※以下,事務局の了解/指示を得て,内部通達を公表します。

平素大変お世話になっております。

各地で統一地方選がスタートしています。

当会としては特定の政党・候補者への支持、応援を呼びかけるものではありませんが、当会代表の瀬戸弘幸は自身が最高顧問を務める『日本第一党』(桜井誠党首)の応援演説に連日、奔走しております。

先日は東京・練馬駅前にて同党立候補予定者の応援演説を行ないました。

その演説の中で、カルト創価学会・公明党を厳しく批判したものです。

公明党のプロジェクトチームは今回の統一地方選に際し、選挙運動におけるヘイトスピーチ規制の適用・強化を首相官邸に要求しましたが、これは保守系候補による韓国批判・北朝鮮批判・中国批判の一切を封じ込めるための策略に他なりません。

結党以来、一度として代表選挙が行なわれたこともなく、カルト教団・創価学会を支持母体とする「政教一致」の政党が政権与党に位置することで我が国の自由闊達な議論、言論による選挙運動までが著しく歪められようとしています。

このような政教分離の大原則に著しく反した政党・教団が政治に深く関与することを断じて許してはなりません。

文責:副代表・有門大輔

動画ご紹介!

【2019.03.27】瀬戸弘幸大和魂始動〜東京都練馬駅前応援演説〜
https://www.youtube.com/watch?v=oz5kJGXHe4c


公明党が狙うヘイト規制に名を借りた保守言論弾圧!

公明党ヘイトスピーチ問題対策プロジェクトチームが首相官邸に,選挙期間中の保守的主張を取締れと申入れました。  ヘイト規制を選挙運動にも当てはめろって事ですが,ヘイト規制にかこつけて保守的言動を封殺しようって目論みです。  ヘイト規制法を成立させたのも自民党と連立政権の公明党で、参院法務委の委員長ポストは公明党。  今回も公明勢力がヘイト規制の保守言論弾圧に乗りだしてきました。

公明新聞には各地の候補者が載ってますが,凄い形相ですね。

断末魔の叫びみたいな表情で,まるで“投票してくんろー!!”と叫んでるみたいです。

“入れてくんなきゃ死んでやるー!!”みたいな表情です(笑

“てめーオレに投票しろよコノヤロー!!”って言いたそうな表情。  もっと爽やかな表情で載せなきゃかえって有権者が逃げたりして(笑
 


創価/公明の子育て支援

聖教新聞に載ってた“今週のコトバ”。  元創価信者によると,“やたら信者を鼓舞するような内容ばっかりですが,結局,入信者を増やせとか,勧誘して来いとか,新聞購読を増やせとか,信者を扱き使うような文言ばっかりですよ。  信者をうまく使うための煽動です。”と話します。

その聖教新聞では,公明党の子育て支援を強調してます。  支援って言うなら生まれてからもいいですが,どうやったら生まれるか,どうやったら増えるかを支援してくださいよ。  小手先ばっかりの支援策を礼賛してないで。

公明新聞が子育て支援を自画自賛すれば,聖教新聞でそれをサポートしてます。  ここが政教一致。  完全に創価信者の家庭を支援するだけの子育て支援です。  こうやって信者になれば支援を受けれると言う宣伝文句でしょう。  全国民の事を考えたら減税が真っ先でしょうに。

私立無償化とか要らないんです。  出生率があがり,子供の数が増えれば必然と授業料なんてかからない仕組になっていくものです。  そのための支援をしなきゃ行けないんです政権与党なら。
 

創価学会ってブラックカルトの大問題!

公明新聞がやたらと“返済不要”の奨学金制度が出来たとはしゃいでます。  でも,こんなのに騙されちゃいけません。  月2-4万で,入学金相当の一時金が24万円とか笑わせないでくださいよ。  来年4月からは所得の低い家庭の人には年間最大91万円とか,授業料減免で最大年70万円?  いやいや、中国人の留学生とかには授業料はもちろん,留学生宿舎の費用も無料だし,盆暮に帰国して帰省するための渡航費まで出してますよね? そっちを廃止して日本人の苦学生に出せって話しですよ!  日本人の学生さんが東京から北海道に帰省するとか,九州に帰省するとか言って国から渡航費が出ますか? 出ませんよね。

聖教新聞が“公明が若者の声を政策に”とか書いてますけど,ウソですよ。  こんな政党に投票しちゃいけません。  教育無償化/奨学金無償化は公明党の売りですけど,小手先でスズメのナミダ程の無償化で誤魔化し,実際には創価高校とか創価大を完全無償化で自己救済してるだけです。

















公明党はブラックバイトの問題にも取組んでるとしてます。  まともな奨学金も貰えない日本人苦学生が勉学する時間も寝る時間も削ってブラックバイトしなきゃいけない訳ですよ。  公明党がやってる事って本末転倒じゃないですか!  外国人留学生にばっかり無償の奨学金のほかに宿舎代から一時帰省の渡航費まで渡して。  バイトしなきゃ勉学も生活も出来ない日本人苦学生が足もとを見られてブラックバイトになる訳ですよ!  お前等(公明党 が原因じゃねぇかよって話しなんですよ!

“ブラックバイトから若者を守る”とかって,なにかのブラックジョークですかって言いたくなります。  ところで公明党は創価学会の様な“ブラックカルト”による被害の相談にはどう対応するんでしょう?  きっと門前払いで追っ払っては封殺するんでしょうね。  ブラックカルトこそ日本人にとっては深刻な問題なんですが。

創価学会が聖教新聞で書いてるみたいに,“師子王の心で進め”なんて煽られたら,信者は辞めたくても辞めるに辞められませんよ。  それにしても獅子じゃなくて“師子”なんですね。  つくづく言葉遊びが好きなブラックカルト教団です!
 

創価大 卒業式と無償化による新たな勧誘手段?

卒業式のシーズンです。  創価大学でも卒業式が行われてました。  創設者が記念の和歌とメッセージを卒業生に贈ったみたいですけど,創設者は卒業式には来れません。 

公明党が高校無償化をやって大学無償化までやろうとしてますけど,結局創価高校とか創価大学を喜ばせるだけです。  信者の獲得が難しくなった創価学会は“入りやすい高校,大学” “授業料がかからない高校,大学”にする事で創価信者を増やそうとしてます。  増税して国民を苦しめる一方で汚いやり方です。

池田和歌(? によると,創価学会の信者は人間じゃなくて“人華”なんですね。  つくづく言葉遊びが好きな教団です。  華って書けば見ばえいいですけど,信者を人扱いしない創価の体質をあらわしてます。
 


沖縄創価が済州島で反日研修会

韓国/済州島での“創価工作員”の研修会の様子が掲載されてました。  “韓日友情”とか書いてますけど,完全に創価工作員の研修会でしょう。

“沖縄戦”とかなんだとか,完全に沖縄創価の反日工作員を養成する為の研修会です。  こういう人達が将来,創価学会の反日活動を背負います。

牧口常三郎とか戸田城聖の軍国主義との戦いも紹介されてます。  沖縄創価の青年団は反日工作員で,韓国の先兵とみて間違いありません。  創価の反日を甘くみてはなりません。
 


創価学会と韓国民団のカンニチ友情?

創価学会の“世界聖教会館”が11月オープンに向け,定礎式が行われました。  定礎もオープンもよいんですが,それって創価学会による創価学会の為だけの施設でしょ?  国会議事堂も見劣りする位,立派な神殿を建ててる創価教団に課税しましょう!

創価本部を韓国民団の団長が訪問しました。  原田創価会長と会談してますが,創価と民団,気脈が通じるんでしょうね。  会談では韓国へ行った創価沖縄青年団の事も話題になったみたいですけど,相互協力を名目にした反日行動でも話し合われたんでしょうか?

創価沖縄青年団が済州島に行った事が書かれてました。  堂々と書くほどに創価と民団/韓国の間柄は蜜月です。  “韓日友情総会”とか,創価信者を韓国の先兵にする為の訓練でしょう。  デニー玉城みたいな知事を選びだした創価沖縄の動きを警戒しなきゃなりません!
 


Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archives

New Entries

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM