創価学会と韓国民団のカンニチ友情?

創価学会の“世界聖教会館”が11月オープンに向け,定礎式が行われました。  定礎もオープンもよいんですが,それって創価学会による創価学会の為だけの施設でしょ?  国会議事堂も見劣りする位,立派な神殿を建ててる創価教団に課税しましょう!

創価本部を韓国民団の団長が訪問しました。  原田創価会長と会談してますが,創価と民団,気脈が通じるんでしょうね。  会談では韓国へ行った創価沖縄青年団の事も話題になったみたいですけど,相互協力を名目にした反日行動でも話し合われたんでしょうか?

創価沖縄青年団が済州島に行った事が書かれてました。  堂々と書くほどに創価と民団/韓国の間柄は蜜月です。  “韓日友情総会”とか,創価信者を韓国の先兵にする為の訓練でしょう。  デニー玉城みたいな知事を選びだした創価沖縄の動きを警戒しなきゃなりません!
 

創価が公明政治を自画自賛!

創価/聖教新聞が公明政治を自画自賛!  教育費負担軽減って,創価学校の授業料軽減でしょうよ。

公明新聞では軽減税率対策を自画自賛してますけど,最初から消費税アップしなきゃよいだけです。

途上国の貧困よりも,子供食堂だとか,日本で食えない児童を救ってください!

公明党の最近の政策で唯一評価できるのは公衆喫煙所の設置促進! これ位!


 

3 11 創価聖教・公明/偽りの追悼キャンペーン

東日本大震災から8年たちました。  学会/聖教新聞は“復興の志”とか言いますが,こういうときは原発には一切触れませんね。  そこ触れないで,どうして復興があるんでしょうか? エネルギー問題でしょ?  いつもは避難とか安全性とか書いてるのに。
 

3/11復興キャンペーンで創価聖教が公明党こそ救命政党(? のプロパガンダです。  最高幹部等の座談会で公明党ヨイショキャンペーン。  安全保障もエネルギー政策も公明党が政権与党から足引張りまくりでしょうが。
 

おなじく公明新聞でも原発には触れられてませんでした。  復興の鍵とも言えるエネルギー政策ではないでしょうか?  何時までもタブーにする事が余計に復興の足かせになります。
 


創価信者こそ自分で考えて投票しろ!

創価学会が完全な媚韓カルトと言うのが聖教新聞1面見だしから判ります。  見だしからして“カンニチ友好”ですよ。  その韓国では池田大作と大作妻に“名誉住民牌”がおくられたみたいです。  韓国と友好だっていいんですよ, 逆に韓国を屈従させてるなら。  カンニチならぬ“創韓”ってくらいに。  創価入信で訪韓しようものなら統一カルトの信者と同じ様な目に遭います。

次ぎは公明新聞。  奨学金とかエアコンとか,無償化とか,全部公明党の手柄でもないでしょうに,公明も必死ですな。  若者は自分の頭で考えて,カルト教団の言うがままに公明に投票しちゃ行けません。  大体,奨学金を言うなら,外国人留学生の奨学金廃止して日本人奨学生の奨学金を無償にしましょうよ,公明党はイチバン肝心なとこ何も触れません!

エアコンとか私学無償化とかやってないで,税金下げましょうよ。  消費税1%でもさげりゃいいでしょ。  そのぶんは創価学会はじめ日本全国のカルト教団に課税すりゃ取れるでしょうに,公明党はここでも肝心な事は絶対触れません!
 

創価の言葉遊びとカルト救済券

創価学会って言葉遊び好きですよね。  たとえば青春を“誓いの春”と書いて“誓春”とか。

青春が“誓春”とは, センスは抜群ですけど, 創価学会に忠誠を誓わせる側にとっては好都合なんですよね。  青春を謳歌するとかって, よく言いますけど, 創価の場合は創価に忠誠を誓った誓春を謳歌せよって, ナイスな洗脳術です。  これが言葉遊びを繰広げた池田大作創価学会の手口です。

公明党首脳が静岡県掛川市で,中国共産党から贈られた周恩来とその恩師のろう人形の除幕式を開きました。  “日中友好の架け橋”ってなってますけど, “中国による日本侵略の架け橋”の間違いでしょうよ。

公明山口の働きに対して一種の功労賞なんでしょうね。

次は昔から公明党が自画自賛する“商品券”。

“消費税率引き上げの影響緩和”って, 最初から引き上げしてなきゃ商品券とか要りませんし, 下げればよっぽど経済効果が上がるってもんですよ。

商品券で低所得層の創価信者を助け, 創価信者が営んでる弱小の小売店を助けるんですか?  そんなだからカルトコミュニティを助ける“カルト救済券”って言われちまいます。
 


“人間,庶民の王者” 池田大作の消息?

聖教新聞3/3日付には“人間王者”と言う池田大作の言葉が載ってました。

チャイナの温家宝が来日したとき,面会した池田大作が自分を“庶民の王者”なんて言ってもの笑いの種になってました。  テレビのテロップでは“庶民の味方”になおってましたけど,池田大作は何につけても“王者”ってのが好きですね。

池田大作に拠ると,“いかなる高位の人より, 有名人や権勢よりも, はるかに偉大な人間王者になり, 幸福と平和の博士たれ”と言う事らしいです。  それで名誉博士号を集めまくる自分が偉いんですかね?

温家宝が日本に来て池田大作と会ったのが12-3年前。  その頃って池田大作もまだ表に出てテレビにも映れる状態だったんですね。  でも,それが最後ぐらいじゃないでしょうか?  そのハイライトを最後に,表には出てこられなくなり,今じゃ聖教新聞に出てるのは古い写真ばっかりです。

それにしたって,人間の王者とか庶民の王者とかって言うなら,創価学会は政治から手引けばどうなんですかね?

写真は公明新聞からですが,統一地方選の候補にも現職,新人合せて創価大の出身者がいかに多い事か。

北は北海道から九州までビッチリ創価大の出身者が候補に名を連ねてます。

しかしまあ,ここまでよく堂々と経歴に出せるものですよ。  正直でよいですけどね。

全員が庶民とか人間の王者だったら議員の肩書なんて不要のはずなのにね。

信仰の一方では権勢を求めるんですか。  言ってる事とやってる事が逆じゃないですか。

これってむしろ池田先生の教えに反しますよね大作先生?
 

創価の台湾工作と公明政権の政治

チャイナには創価支部組織としての看板はないみたいですが,台湾には進出してるみたいです。  ここが注意点でしょう。  チャイナは台湾を併呑する為の策をアレコレやってるでしょうけど,創価の台湾進出を利用したチャイナへの浸透工作。  創価を手先にしたチャイナの浸透工作は対日だけじゃないんですよ。  しかも台湾で“イケダ思想国際フォーラム”とか気色悪くないですか?

次ぎは公明新聞。  被災者の為の高速道路無料化なんてしなくて良いんで,消費税下げるなりした方がよっぽど経済効果があるし,復興支援になると思いませんか?  しかも集めた税金で海外援助とか,それこそ被災者をバカにしてます。  そのぶんを全額被災地に投じれば良い事でしょうよ。  高速無料化の継続ってコレ,公明福島県本部が申し入れてイシイ国交相が継続指示を決定しました。  いかに公明政権による創価の為の政治かって事ですよ。

公明政権が創価の為の政治と言うのは統一地方選への候補者を見ればすぐ判ります。  いかに創価大学出身の現職ばかりが立つ事か。

とくに神奈川県では創価大出身の現職候補が目立ちます。

埼玉県川口市の現職候補者にもいました。

チャイニーズとカルト信者が乗りいれる芝園団地みたいな所が出没する訳ですよ。
 


中国のスパイ教団,スパイ政党 創価/公明

創価本部で中国共産党幹部を接待したみたいです。  創価のチャイナ人脈をアピールしてるのか知りませんけど,自分達で中国のスパイですって言ってる様なもんですよね?  その横には創価文化センターの3月の休館日が載ってます。  休館日もなにも,どうせ創価信者以外の人は利用できないんでしょうが。  だから創価は宗教法人の名に値しません。  カルト特権を与えずに課税しなきゃなりません。
 

公明新聞には“共産党が公明党の手柄を横取りした”と書いて共産党批判をしてます。  公明党だけじゃなくて共産党以外の6党が成立させた被災者生活再建支援法なんですけどね。  公明新聞も共産批判をするなら“共産VS他党”という構図でやらなきゃ。  共産党が悪いのは当然ですけど,徹底した“反共”でやらなきゃ変な話ですけど,公明党がカルト宗教政党でいる意味がありません。
 

山口代表が普天間基地の移設の重要性を説明してます。  創価/公明が卑怯なのはここから。  その一方で公明支持層の創価信者がサヨクと結託して辺野古移設に反対してます。
 

この表をみて貰えば判りますが,半数以上の創価信者が此間の住民投票で普天間から辺野古移設にNOと投票しました。  公明党は普天間〜辺野古移設が大事だって言うなら,創価信者の方からどうにかしてください。  党は移設を言ってて支持母体が逆の事をしてるから二枚舌の日和見コウモリ政党だって言われるんですよ。
 


調布創価の定礎式と公明礼賛

調布市の創価調布会館で定礎式が行われたみたいです。  新施設ができ様が新しい拠点ができ様がなんでもいいんですが,その施設って非信者の人も利用できるんですか?  普通,神社やお寺みたいにだれでも利用できてこその宗教法人施設ですよね?  ここが創価がインチキ宗教な処です。

創価高校では西(関西 も東(関東 も “世界市民”を育成してるそうです。  創価信者であるまえに“日本人”!  そういう人材を育てなきゃ行けません!

公明新聞からです。  公明党幹部が福島原発を視察。  廃炉作業を進めてるみたいですが,廃炉すべきは廃炉でも,政権政党としては原発全面再稼動を前提にやって貰わなきゃなりません。

公明新聞にも聖教新聞みたいなプロパガンダ漫画が載ってます。  おなじ新聞社で作ってる新聞ですんで編集も似たりよったりでしょうね。

消費税10%アップと同時に導入される軽減税率について描いてました。  特定のモノに8%課税のままで,その為の財源が必要とか,中小企業支援が必要なら最初から消費税なんて上げなきゃいいでしょうが。  これでは創価系の特定企業を助ける為の対応策といわれても仕方ありません。

消費税上げて学校無償化とか中小企業の味方とか,創価信者を利する政治ばかりしてるから“政教一致はイカン”となるわけです。
 

カルト創価と反原発デモの下地

聖教新聞では 埼玉県 新座市から福島県 双葉郡 浪江町に移り住んだ,看護師の創価学会 浪江町 地区副婦人部長が特集されてました。  浪江町では町役場の職員になったそうです。  浪江町では町役場の職員として採用されたみたいです。  でも町役場の職員がカルト信者って恐ろしい。
 

福島 浪江と来れば原発事故と町人の避難生活。  創価学会もサヨク主導の反原発にも加担してる事でしょう。  特集記事では町内だけじゃなしに町外に避難してる住民のケアにくまなく歩き回ってる事が紹介されてました。  只,デモパレードで反原発というスローガンだけでなく,学会信者の看護師が町役場の職員として赴く等,反原発デモの下地はこういう学会員の奔走で支えられてますので侮れません。
 

次ぎは公明新聞です。  山口ナツオが米朝首脳会談に期待するとして,“朝鮮半島の非核化を対話で進めろ”としてます。  拉致問題もそうですけど,いままでさんざん対話してきたじゃないですか。  対話はいつでも出来ますんで,公明党政権としても“圧力”と“制裁”を言って下さい!  それをしないから公明党はインチキなカルト政党だと言われるんです。  これで拉致被害者の家族と会っても意味ありません。
 

統一地方選をまえに,公明党創価学会は完全な選挙モードですが,大阪/高槻市の現職市議(3期 に 当会副代表(有門大輔 と同じ高校出身者をみつけました。  吉田タダノリ氏でした。
 

その公明党,現職市議には当然でしょうけど,創価大出身者が多い事。
 

創価通信教育部ってのも少なくないです。  創価が大学無償化に力を入れてるの,判りますね。  未来の地方議員,国会議員を育てて権益を守りたいんでしょう。
 

国会もそうですが,地方議会とカルト政党/教団はほぼ一体です。
 

創価高校からエスカレーター式に創価大学というのも多そうです。  こりゃ無償化出来れば創価にとってはたまりません。  そのまえに税金下げて消費税も下げろという話ですが。
 



Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archives

New Entries

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM